スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.3

2013年05月20日 22:08

2013.5.4(みどりの日)~5.5(こどもの日)

1日目 五竜遠見駐車場~(テレキャビン)~アルプス平~(リフト)~ゲレンデトップ~
    地蔵ノ頭~小遠見山~中遠見山~大遠見山(幕営)
2日目 大遠見山~西遠見山~白岳(トラバース)~五竜山荘~五竜岳~五竜山荘~
    西遠見山~大遠見山(撤収)~中遠見山~小遠見山~地蔵ノ頭(巻道)
    ゲレンデトップ~アルプス平~(ゴンドラ)~駐車場





2013.5.5(こどもの日)

遠見尾根を辿り大遠見で幕営した二人。
夕方にかけて一時天気が崩れたものの、夜になり回復。
美しい夜景と満天の星空に翌朝の快晴を信じ眠りに落ちました。

5:00 TONOのプロトレックと姫の携帯アラームが同時に鳴りました。
テントから外を覗くと・・・よし! 晴れてる

テントから出ると、東の空がオレンジ色に染まっています。
ちょうど遠見尾根の向こうから陽が昇ったところでした。

IMGP5903.jpg




そうだ! 鹿島槍はどうなった?
振り返ると双耳峰はモルゲンロートに染まっていました。
北峰東側の岩壁は迫力いっぱい。
豊富な雪が残るカクネ里に向かって急峻に切れ落ちています。
纏った雪もその荒々しさを隠し切れないよう。

IMGP5910.jpg




そしてテントの後ろには目指す五竜岳。
本当にあの頂に立つことができるのだろうか・・・

IMGP5902.jpg




白岳の斜面に寄ってみると、すでに3人の登山者が取り付き始めています。
ピークを越えていくのか、トラバースするのか・・・
登山相談所のオジさんはピークを踏んで行くようにと言ってたけど、
雪の状態で決めるしかなかろう。

IMGP5918.jpg




携帯のアラームを消して再び眠りに落ちようとする姫を起こして、
パンとカップスープの簡単な朝食を済ませます。
水と行動食、補助ロープ等を持ってテントを出ます。
今回は簡易ハーネスをゲットしたので、それを装着してみます。
五竜の山頂直下には急な雪面の登下降があるようなので、
雪の状態によっては姫を確保して下ろそうという計画。
テントから稜線までは特に必要は無いですが、
慣れる意味ではじめから着けて歩いてみることに。
6:54 アイゼンを付けてピッケルを持ったら出発です。

IMGP5926.jpg




7:17 西遠見手前の窪地に差し掛かりました。
ここは西遠見ノ池がある辺りでしょうか。
広くて平坦で眺望も良くてテントを張るには良い所ですね。
風もさほど強くないような・・・
この遠見尾根の中でここがテントの最適地でしょうね。

IMGP5927.jpg
IMGP5928.jpg




7:30 西遠見(2,268m)のピークです。
ここまで来るとすぐそこに迫る白岳の斜面と対峙します。
「やっぱりピークを踏んで行くか・・・」
この時点ではそう考えていました。

IMGP5932.jpg




西遠見から一旦下りコルへ向かいます。

IMGP5935.jpg




白岳の斜面に取り付きます。
ここは上るにつれてかなりな急斜面。
雪はシッカリしていてアイゼンが効いて問題ありませんでしたが、
陽が昇って気温が高くなる下山時はちょっと怖いかも。
・・・って言うか、姫に離され過ぎでしょう(^^;

IMGP5938.jpg




さて姫はそろそろ分岐点に差し掛かります。
ピークに登るのか、それともトラバースするのか・・・

IMGP5939.jpg




ただ雪はシッカリしているのでどちらでもOKでしたが、
姫は迷わずトラバースへ向かいました。(^^;
まぁ、やっぱそっち行くよね。(笑)

IMGP5941.jpg





8:28 稜線に出ました。山荘前やその上にはテントが数張り。
さすがに稜線は風が強いです。

IMGP5944.jpg




そして五竜山荘。
ここに来たのは何年前の夏だったんだろう・・・
初日に扇沢から爺ヶ岳~鹿島槍と歩きキレット小屋に宿泊。
翌日八峰キレットを越えて五竜に登り唐松岳頂上山荘まで。
この小屋はその際に通過しただけでしたが、懐かしい。
同じルートを今度はテントを持って歩いてみたいところです。。。

IMGP5945.jpg


 (続く)



    この回で五竜山頂まで作製しようと思っていましたが、
    眠くて力尽きました・・・また明日作製します。^^;





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/553-37bc702e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。