スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.4

2013年05月21日 23:15

2013.5.4(みどりの日)~5.5(こどもの日)

1日目 五竜遠見駐車場~(テレキャビン)~アルプス平~(リフト)~ゲレンデトップ~
    地蔵ノ頭~小遠見山~中遠見山~大遠見山(幕営)
2日目 大遠見山~西遠見山~白岳(トラバース)五竜山荘~五竜岳~五竜山荘~
    西遠見山~大遠見山(撤収)~中遠見山~小遠見山~地蔵ノ頭(巻道)
    ゲレンデトップ~アルプス平~(ゴンドラ)~駐車場






2013.5.5(こどもの日)

大遠見に張ったテントを出て稜線に上がった二人。
稜線に出るとさすがに風は強く冷たい。
五竜山荘の入口で風を避けてちょっと休憩。
ここで中間着も着込みました。


8:44 五竜岳へ向け山荘を出発します。
前日ある程度の積雪があったのか、この時期にしては雪が白く美しい。

IMGP5946.jpg




前年の同じ時期に唐松岳から見た時よりも明らかに雪が多いです。↓

IMG_3521.jpg
                             (2012.4.29 唐松岳山頂より五竜岳)




遠目には急斜面のトラバースでけっこう怖そうに見えますが、
すでにこの日は何人も通った後でシッカリしたトレースになっており、
雪も硬く締っているので全く不安を感じることなく歩けました。

IMGP5949.jpg




トラバースが終わると稜線に上がります。
頭上には稜線上を歩く登山者を確認できます。

DSCF4582.jpg
                           (クリックして拡大すると登山者が分かります)




ここはかなりの急斜面ですが、掘れて階段状になっているので歩き易い。
ただ雪が腐ってきたらこの下りは神経を使いそう。

DSCF4586.jpg




稜線に上がり振り返ると、唐松岳~白馬方面の雄大な景色が広がります。
もう1日あれば唐松まで縦走して八方尾根で下山したいところですが。

IMGP5956.jpg




さてこの先でトラバースして再び稜線に上がるのですが、
10人ほどの団体が下山中でプチ渋滞・・・しばし待機です。
下ってきた人にこの先のルートを尋ねると、
「雪は締っていて良い状態、この先で稜線に出て、
ガ~ッと下ってド~ンと登ると山頂ですよ」との事。

IMGP5958.jpg




結局10分ほど待って先へ進みました。
右側は谷に向かってはるか下まで切れ落ちています。
さしずめ白い滑り台状態で、滑落したらまず止まらないでしょう。

IMGP5960.jpg




短いトラバースが終わると急な雪壁の登り。
今回の全行程の中でここが一番斜度がキツかった場所でした。
距離は短いですが、50度くらいある感じがしました。

IMGP5961.jpg




稜線に上がると今度はコルに向けての下り。

IMGP5963.jpg




IMGP5964.jpg


そしてコルからは
山頂に向かい最後の登り。
白い斜面が壁の様に
立ち塞がります。

ガ~ッと下って
ド~ンと上る・・・
ここからがド~ンと
言う部分ですな。(笑)




ここも急ですが先ほどの斜面と比べるとそうでもないか。
ステップが出来ているので安心して上れます。

IMGP5965.jpg




白い斜面を上り詰めると山頂まではあと少し。

IMGP5969.jpg





斜度が緩むと東西に細長い山頂の一角に飛び出します。
ここから奥まった西側へ向かうと、黄色い標柱が見えてきました。

IMGP5970.jpg




10:01 ついに五竜岳の白い頂に立ちました。
山頂からは360度の眺望が素晴らしい

IMGP5971.jpg


 (続く)



   今日注文していたGPSが届きました~
   説明書を読んで使ってみて実戦までに慣れとかないと。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    Re:1013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.4

    見事ですね。
    雪山の醍醐味ですね。
    最近、こういう気合の入った山に行っていないので、うらやましいですね。
    八ヶ岳からこの連休中の北アルプスを眺めましたが、あそこにいたらいいだろうなあと思いましたよ。

  2. kaizan | URL | M2L9g.8o

    Re:1013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.4

    こんにちは~
    今回も、真っ青な空と真っ白な雪の画像・・。
    楽しませていただきました。
    TONOさまのブログは現場の様子がすごくわかりやすいんですよねー。

    山頂にはお二人だけだったようですね。
    五竜小屋までは行ったことがあるのですが、五竜岳は未踏なんですよねー。
    いつかきっと・・

  3. TONO | URL | -

    devilman さんへ

    この5日は今年のGW中で一番天気が良かったですよね。
    晴れた日の雪山はやはり素晴らしいと思いました。
    厳冬期にはなかなか近付き難い北アルプスですが、
    残雪期は天候も落ち着き、今回やさしく迎え入れてくれました。
    今年の雪山シーズンもそろそろ終盤・・・
    ちょっと寂しい感じではありますが、
    すでに心は花咲き乱れる東北の夏山へと飛んでいます。(笑)

  4. TONO | URL | -

    kaizan さんへ

    今回も天気に恵まれ白と青の素晴らしいコントラストを楽しんできましたよ。
    残雪の五竜岳・・・雪の状態で難易度は大きく異なる気がしました。
    おそらく時間帯によっても全く違ってくるんでしょうね。
    二人が登ったのは小屋泊まりや山荘前に幕営した人達が通った後だったので、
    トレースもシッカリあって易しい状態でした。
    それに時間差で登ったおかげで山頂も二人きりで独占できましたし。
    kaizanさんもいつか五竜岳の頂を踏んでくださいね。
    私はテントから、遠見尾根から、そして五竜の山頂から、
    鹿島槍の勇姿を魅せられ続けて「また登りたい!」って思ってしまいました。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/554-8ed85870
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。