スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.6

2013年05月24日 07:11

2013.5.4(みどりの日)~5.5(こどもの日)

1日目 五竜遠見駐車場~(テレキャビン)~アルプス平~(リフト)~ゲレンデトップ~
    地蔵ノ頭~小遠見山~中遠見山~大遠見山(幕営)
2日目 大遠見山~西遠見山~白岳(トラバース)~五竜山荘~五竜岳~五竜山荘~
    西遠見山~大遠見山(撤収)~中遠見山~小遠見山~地蔵ノ頭(巻道)
    ゲレンデトップ~アルプス平~(ゴンドラ)~駐車場







2013.5.5(こどもの日)

大遠見に張ったテントを出発して五竜岳に登頂した二人。
山頂からの眺望を楽しみ五竜山荘まで戻ってきました。

11:14 山荘の裏手から下り始めます。
日当たりが良い所だけに所々足元が崩れやすくなっていて、
注意してトラバースしていきました。

IMGP6012.jpg




その後の急斜面の下りも雪の状態が心配でしたが、
さほど悪くなくて普通に歩けました。

IMGP6016.jpg





11:38 西遠見山を通過。
5分ほどで窪地のテント適地を抜けていきます。
ここは明るく開放的でしかも絶景。
通るだけでハッピーな気分になっちゃいます。

IMGP6021.jpg




11:57 テントに到着。 ほぼ予定時刻です。
アイゼン、簡易ハーネスを外したら、まずはお昼だ!

IMGP6027.jpg





先人が造ったテーブルを利用して、カップラーメンとパンでランチです。
今回もガスストーブはウインドマスターを持参。
ストーブ使用時は、多少なりとも風があると炎が流れてしまうものですが、
このウインドマスターは全く炎が流れず、 (まぁ、微風でしたけどね ^^;)
効率良く短時間でお湯を沸かす事ができました。
どれくらいの風まで平気なのか、強風下で試してみたいところです。
おそらくこれから夏に向けてそういうチャンスもあるでしょう。

IMGP6039.jpg




さて目の前には登ってきた五竜岳がド~ンと聳え、
左には鹿島槍もその勇姿を見せています。
こんな絶景を拝みながらのランチですから最高です。
これで冷えたシャンパンとかあれば言う事なし!・・・なんですけどねぇ。(笑)
まぁ、まだ下りも残っているし、その後は車の運転もあるので
もう1泊しない限りアルコールは飲めないですけどね。

IMGP6040.jpg




DSCF4620.jpg

お昼を終えたらテントを撤収。
風が無くて晴れてると
撤収作業も楽チンですな。
鼻歌まじりに作業中 →




13:22 ザックを背負って下ります。
大遠見付近の広い尾根を過ぎると尾根幅は狭くなります。
中遠見の手前で急な下りがありますが、雪がグズグズで足元が不安定。
左側は雪屁で切れ落ちているのでちょっと緊張するポイントでした。
この日はここが一番の難所だったかも。(^^;

IMGP6046.jpg




急斜面の下りが終わると今度は中遠見へ向けて登り返し。
なかなか一筋縄には高度が下がってくれません。
14:00 中遠見山を通過。
そして中遠見から下る先には小遠見への登りが待っています。
あれを・・登るんでつか・・・もうフラフラですけど。

IMGP6051.jpg




でも小遠見には巻き道があったのです。
行きも巻き道、帰りも巻き道・・・
今になって思えば小遠見のピークも踏んでおけば良かったかなぁ。
でも姫的には全く気にしてないようで。(^^;

IMGP6054.jpg
                           (小遠見は踏んでませんけど・・・何か?)




"二の背髪" に向かう平坦で広い尾根からは、
八方尾根の向こうに白馬三山が見晴らせます。
この日は白馬方面も快晴だった様子。
白馬大池から白馬を目指すのもありだったなぁ・・・

IMGP6057.jpg




振り返ると五竜~唐松の稜線には何やら不穏な雲が出現してます。
また前日の様に天気が崩れるのか!?

IMGP6058.jpg




"一の背髪" 付近を行きます。
この辺りは痩せた尾根が続くので、
腐った雪でバランスを崩さないように注意です。

IMGP6064.jpg




ここから見返り坂を下って "地蔵の頭" へ登り返し!?
この期に及んでまだ登りが残ってたか~

IMGP6067.jpg




TONOがしばし立ち止まって地蔵の頭を見ていると、
姫は尻セードでアッと言う間にいなくなりました。
TONOも後を追いますが・・・
ザックの下に括り付けたマットがブレーキとなり全く滑らず。
トボトボと足で下りました。

IMGP6069.jpg




見返り坂を下って行くと、地蔵の頭の基部にトレース発見!
どうやら登らずに巻いて行けるようです♪

IMGP6071.jpg




地蔵の頭の基部を右側から回りこんで行くとスキー場に出ました。
ここからゴンドラ乗り場までゲレンデの端っこを下ります。

IMGP6072.jpg




気付くと五竜の稜線は厚い雲に完全に覆われていました。 
ちょっと前まであんなに晴れてたのに、こんなんなっちゃうわけ!?
雲の中では雪でも降ってそうです。
もしこの時間に山頂にいたら生きた心地しないだろうなぁ。

IMGP6074.jpg




15:05 ゴンドラ乗り場に到着。
CCレモンを買ってテレキャビンに乗り込みます。
上は雲に覆われてしまいましたが、下は相変わらずイイ天気。
標高が下がると暑いくらいです。
今回は遠見尾根のアップダウンには参ったけど、
天気に恵まれて良い山行でした。
駐車場で簡単に着替えて、ゆーぷる木崎湖で汗を流して帰りました。

IMGP6077.jpg IMGP6078.jpg
IMGP6079.jpg IMGP6082.jpg
 1|2  1:ゲレンデを下る  2:ゴンドラ駅にはレストランが併設
 3|4  3:テレキャビン内でCCレモンをグビグビ  4:ゆ~ぷる木崎湖



 (終わり)




   GPSって思ったより使いこなすのは大変そう。
   宝の持ち腐れにならないように早く操作に慣れないと。(汗)





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. てくてくA | URL | -

    Re:2013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.6

    またまた天気が素晴らしかったですね!
    それも、下山したら雲があんなにかかっているなんて、
    タイミングもGOODだ・・・
    晴れ晴れの神様が付いているんじゃないかってくらい!
    羨ましい限りです。

  2. TONO | URL | -

    てくてくA さんへ

    今回も快晴で青と白のコントラストを堪能してきました。(^^v
    でもゲレンデから振り返ったら凄い雲に覆われていて驚いちゃいました。
    確かに神様が付いているようなタイミングでしたね。(笑)
    1人の時はガスったりすることもあるんですが、
    基本的に姫と一緒だと晴れる事が多い様な・・・
    姫の場合「晴れるなら行っても良いけど・・天気が悪いなら止めようよ」
    ・・というスタンスだからでしょうか。(^^;

  3. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.6

    快晴の中、すばらしい春山ですね。
    まだ、寒く、汗などはかかないのですか。
    水分補給がむずかしのでは。

    画像で見ていると、簡単にいけそうに見えてしまいますが、
    雪山で登山道はなく、地形図をしっかりと読む必要がありますね。

    行ってみたいような 怖いような気がします。

  4. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    この時期は晴れれば暖かくて、風がなければ汗ばむぐらいです。
    ただ一旦荒れれば冬に逆戻りですし、雪ではなくて雨が降ることもありますから、
    濡れに対する対策は冬に比べるとかなりシビアです。
    そういう意味では一番荷物が多くなる時期かも知れません。
    ただ夏と違って大汗をかくことはないので、
    乾きを感じる前に少量ずつ飲んでおけば大丈夫です。
    今回は樹林帯ではない尾根通しなのでルートは明確ですし、
    地図読みの必要はほとんどありませんでしたよ。
    天候が急変したりルートをロスしたらと思うと怖いですが、
    天気と雪の状態さえ良ければ、それほど難しくはないです。
    もし急変してもテントと水と食料があれば安心・・・備えあれば憂いなしです。(^^v



  5. みいとにゃ~すけ | URL | uaIRrcRw

    Re:2013 残雪の五竜岳 遠見尾根 Vol.6

    こんにちは~雪山いいですね^^

    今シーズンは雪山行けませんでした~>_<

    シリセードやりたかったなぁ~

    夏山頑張ります^0^

  6. TONO | URL | -

    みいとにゃ~すけ さんへ

    雪山も厳冬期は寒くて厳しいけど、
    残雪期になるとかなりウェルカムな感じです。
    美しさでは厳冬期にとても敵いませんが、
    残雪期には尻セードも含めて楽しさがありますよね。
    もう今シーズンの雪山も終わり今度は夏山ですね。
    青い空にポッカリ浮かぶ白い雲、深い緑、咲き乱れる高山植物、白い雪渓。。。
    なんだか夏山が待ち遠しくなってきました。(^^)

  7. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    絶景ですね。

    こんばんは~

    絶景が広がっていますね。
    しかもテン場も眺めが良さそうだし、
    雪のテーブルもあったりで快適そう。
    こんな場所で連泊してみたいものです~

  8. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    鹿島槍~五竜~白馬方面が一望の素晴らしい幕営地でした。
    先人が残していった雪のテーブルで快適なランチを楽しめましたし。
    あと1泊できるなら重くてもシャンパンを持って行きたいところでした。(笑)
    やはり天気が良いと雪山は最高です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/556-e40e853f
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。