スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 塩水橋を基点に丹沢探索 Vol.1

2013年05月26日 21:54

2013.5.12(日)

GWが明けて特に予定のない日曜日。
この日姫は仕事で朝からお出かけ。
TONO1人の日曜日となれば・・・やはり丹沢か。(笑)

・・・で、前から気になっていたコースを二つチェックする事にしました。
一つはキュウハ沢出合から "三角沢ノ頭" に上がり日高に出るコース。
もう一つは札掛雨量計測所を経由する "鳥居杉コース"。
ついでに今年1月下旬に長尾尾根を下山中に間違えて入りこんだ (冬の丹沢山
"五町歩沢右岸尾根" の分岐部も再確認する事に。

という事で、今回は塩水橋を基点に細長く周回するルートを歩きました。


9:43塩水橋~10:30キュウハ沢出合~12:01三角沢ノ頭~12:39日高~
13:04塔ノ岳
~13:32新大日~(長尾尾根)~15:08本谷分岐~
15:26雨量観測所分岐~(鳥居杉コース)~16:12県道70号~16:19塩水橋





前日に準備をしていなかったこともあって、自宅を出たのはもう8時過ぎ。
下では青空が広がっていましたが、向かう丹沢山塊の上空には分厚い雲。

IMGP6086.jpg




9:36 塩水橋の駐車スペースはすでに一杯。
何とか邪魔にならない場所に路駐して、準備を済ませ出発。
9:43 林道のゲート横から歩き始めます。

IMGP6090.jpg




ほどなく塩水林道を右手に分けて、本谷林道を直進します。
前回歩いた時は崩れた岩が林道を塞いでいましたが、
路肩に片付けられて通行可能になっていました。

IMGP6093.jpg




10:06 本谷橋を左に見送り先に進みます。

IMGP6096.jpg




この本谷林道は落石が多いので要注意です。
なるべく崖から離れた左側を歩きました。

IMGP6104.jpg




時には石だけでなくこんな物も落ちてます。
こんなんが落ちてきたらもはや避けようがないですな。(^^;

IMGP6106.jpg




さて前回長尾尾根から五町歩沢右岸尾根に迷い込み、
最終的にこの本谷林道に出たわけですが、
その出たポイントを確認しようと注意して歩いてみたものの、
緑が濃くなり風景がガラリと変わっていて全く分かりません。
確かこんな堰堤のすぐそばに下り立って、
本谷川を渡って堰堤の石段を上がって林道に出たハズなんですが・・・
う~む・・ここだったかなぁ・・・

IMGP6100.jpg




10:30 キュウハ沢出合を通過。
ここで右からキュウハ沢が合流します。

IMGP6107.jpg




キュウハ沢を林道で渡ってすぐに右手に尾根の取り付きを発見。
ここで小休止して2万図でルートの確認をします。

IMGP6108.jpg

 


10:35 テープを確認して尾根に取り付きます。

IMGP6109.jpg




出だしは九十九折りに上っていきます。

IMGP6110.jpg




10分ほどで尾根に乗りました。

IMGP6112.jpg




しばし黙々と尾根を辿ります。
途中でギンリョウソウを発見。 今年見たのは初です。
やはり不気味な植物ですな。
・・・って言うか、こやつ植物だっけかなぁ???

IMGP6113.jpg IMGP6115.jpg
IMGP6116.jpg IMGP6127.jpg




高度が上がり傾斜がキツくなると、明確な作業道が付けられていて、
それを辿って九十九折りに上っていきます。

IMGP6119.jpg




1,050m付近で右から尾根を併せて幅が広がります。
この辺りは下ってきたら迷いそうな感じ。

IMGP6128.jpg




しばし上ると再び尾根幅は狭まり、ガスの中に入ったり抜けたり。

IMGP6129.jpg IMGP6130.jpg
IMGP6131.jpg IMGP6132.jpg




1,280m地点で尾根が右に進路を変えると傾斜が緩み、
新緑と落ち葉が作る幻想的な景色の中を進みます。

IMGP6133.jpg




12:01 1,331mピークに到着。
判読不能な道標と石が置いてありました。
石に書かれた文字はかろうじて寿岳と読めます。

IMGP6135.jpg




このピークは "三角沢ノ頭" の記載もあるのですが、
"寿岳" とも言う別名も持っている様です。
それだけ親しまれているという事でしょうか。

IMGP6137.jpg




とりあえずこれで、表尾根から見て気になっていたピークを踏んだ事になります。
↓ 尾根の右端が1,331mピーク。 奥は丹沢三峰。

IMGP3674.jpg




12:06 ピークは眺望がないため少し先へ進みコルへ下りて休憩しました。
・・・まぁ、どっちみちガスガスで大して見えないんですけどね。(^^;

IMGP6139.jpg




12:16 さて歩き始めますか。
馬酔木の咲く踏み跡を辿って進みます。
左手には塔ノ岳から新大日に向かう表尾根が見えています。

IMGP6146.jpg




新大日方面は思いっきりガスの中ですが、
下山する予定の長尾尾根が左に伸びていくのが分かります。

IMGP6150.jpg




一部かなり痩せた所や切れ落ちた所を通過していきます。

IMGP6148.jpg IMGP6149.jpg
IMGP6151.jpg IMGP6153.jpg




左右が崩落した裸地を通過します。
特徴的な地形で地形図でも確認していたポイントです。

IMGP6154.jpg




ここを通過すると笹原となり左に鹿柵を見て緩やかに上ります。

IMGP6156.jpg




12:39 日高(ひったか)に到着しました。
塩水橋を出てからここまで誰にも会わずに来ましたが、ここは丹沢の主脈。
表尾根や大倉尾根に比べれば少ないものの、途端に登山者の姿を認めます。

IMGP6157.jpg




日高から塔ノ岳方面に向かいます。
稜線ではマメザクラが可憐な花を咲かせていました。

IMGP6172.jpg




13;04 尊仏山荘の建つ塔ノ岳山頂です。
こんなガスガスの天気ですがさすがに人気の山。
老若男女多くの登山者で賑わっていました。

IMGP6176.jpg


 (続く)



   今日はまた1人で丹沢に。そして誰もいないヨモギ平で熊を目撃!
   後ろ姿しか見てないけど、あれは熊以外の何物でないと思う。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/557-19beb1d9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。