スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 塩水橋を基点に丹沢探索 Vol.2

2013年05月29日 16:38

2013.5.12(日)

9:43塩水橋~10:30キュウハ沢出合~12:01三角沢ノ頭~12:39日高~
13:04塔ノ岳~13:32新大日~(長尾尾根)~15:08本谷分岐~
15:26雨量観測所分岐
~(鳥居杉コース)~16:12県道70号~16:19塩水橋






キュウハ沢出合から三角沢左岸尾根で寿岳に上がり、
日高経由で塔ノ岳までやってきたTONO。
ガスに包まれた山頂は全く眺望はなし。

IMGP6178.jpg




写真だけ撮ったら混雑する山頂をスルー。
13:06 表尾根で新大日に向かいました。
途中でガスが濃くなりこの痩せ尾根辺りの視界は15mほど。
この時前方から10人ほどの団体が来ていたのですが、
声はすれど影は全く見えずでした。

IMGP6181.jpg




13:32 木ノ又大日を過ぎて少し登り返すと新大日。

IMGP6184.jpg




ちょっと休憩した後、表尾根を離れて長尾尾根に入ります。
ガスガスで誰もいないしかなり怪しげな感じです。(^^;

IMGP6187.jpg




でもこの尾根は傾斜が緩やかで歩きやすいし足に優しいです。
ガスはかかっているものの萌える新緑が美しい。。。
静かでスローな長尾尾根を軽快に辿ります。

IMGP6196.jpg




そして尾根が広がる問題の1,050m地点。
ここで前回間違えて入り込んだ尾根の分岐を探してみます。

IMGP6197.jpg




すると・・・そのポイントらしき場所が見つかりました。
そして広がった尾根の左寄りを下ってしまうと、
自然とこの支尾根に導かれてしまうことがわかりました。
雪のない時期に登山道を辿ってくれば間違えようはありませんが、
登山道が雪で埋もれている時期には要注意です。
登山道は尾根の右端に付けられているので、もし左寄りを歩いてくると、
ここで地形図を確認しない限り間違えてしまう可能性は高い。
しかも冬は尾根の左側(北西方向)から風が吹き付けるため、
右側に雪が吹き溜りやすく自然と雪が少ない左側を歩きがちになります。
さらにここにシッカリとテープが巻いてありますし、
誰かのトレースが残っていればもはや疑うことなく進んでしまうでしょう。

ちょっと言い訳がましいですが、
前回こうして間違った支尾根に入り込んでしまったという事で。(^^;
・・・でも、本当にここ(↓)だったのかなぁ。
写真で見るとちょっと違うような気もするのだが・・・

IMGP6199.jpg




とりあえず間違った場所っぽい地点がわかったので先に進みました。
傾斜が増し広葉樹から植林帯となると、鹿ゲートをくぐります。
その後再びなだらかに尾根を辿り "上ノ丸" の巻き道まで来ました。

IMGP6214.jpg




この日は鳥居杉コースを歩く予定なので、
この先の本谷分岐で本谷橋方面に進むのですが、
地形図を見ると上ノ丸を経由して尾根伝いにも行けそう。
登山道は右側から上ノ丸を巻いていますが、
ここから真っ直ぐ尾根を辿り上ノ丸のピークに向かってみました。

IMGP6217.jpg




14:39 上ノ丸(879m)のピークです。
鹿柵とゲートがあるだけで標柱などは何もありません。

IMGP6218.jpg




鹿ゲートをくぐり、左に伸びる尾根を辿ります。

IMGP6220.jpg IMGP6221.jpg




少し行くとまた鹿ゲートをくぐります。
鹿柵が張ってあって尾根上を歩けないので、
左に柵を見て斜面を巻いて行きます。
踏み跡はほとんどなくて最近人が通った感じはしませんでした。

IMGP6222.jpg IMGP6223.jpg




すると今度は手の込んだ作りの橋で鹿柵を越えます。
これがコケが生えていてやけに滑る。
落ちない様に注意して渡るとすぐにまたまた鹿ゲート。

IMGP6224.jpg IMGP6225.jpg




ゲートをくぐると下の方には平坦地が見え、
その辺りから尾根が分岐している気もしたのですが、
行くとハマりそうな悪い予感がしてここで引き返しました。
前の週に伊那前岳からの下山中に道迷いをしたので、(GWの木曽駒ヶ岳
この時それが尾を引いて弱気な選択になったものと思われます。(^^; 

IMGP6226.jpg




一旦上ノ丸のピークに戻り、そのまま直進して登山道に復帰しました。

IMGP6230.jpg IMGP6232.jpg




15:08 本谷分岐に着きました。
ここでザックを下ろしてちょっと休憩。
ベンチに座って水をゴクゴク・・・風が無くてやけに暑い・・・

IMGP6233.jpg




15:15 さて行きますか。
日が長くなったとは言え、この先でまた未知のルートに入るし、
時間が読めないのでユックリはしていられません。
急な斜面を巻いていく登山道を辿ります。
斜面の左上が先ほどの上ノ丸から続く尾根になります。

IMGP6238.jpg



15:23 雨量計測所分岐に来ました。
本当は上ノ丸から直接ここに下りてきたかったのですが・・・
機会があればここから尾根伝いに上って、
その下降ポイントを確認しようと思います。

IMGP6242.jpg




15:26 さてここからは未知のルート・・・鳥居杉コースに入ります。

IMGP6243.jpg


 (続く)



   ここのところスッキリしない天気が続くと思いきや、
   近畿東海に続き関東甲信越も梅雨入りらしい・・・まだ5月ですけど。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/558-c7b644a3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。