スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 ヨモギ尾根~二ノ塔尾根 前編 ヨモギ平で熊!?を目撃

2013年06月05日 08:10

2013.5.26(日)

5月最後の日曜日。
翌月の引越しを控えて、姫は自分の物の整理と大型ゴミの処分をすると。
一方TONOは数日前に届いたGPSを使ってみたくて仕方がない。(^^;
・・・で、天気はいま一つな感じでしたが、一人イソイソと丹沢へ出かけました。

この日は塩水橋からまたV-ルートを歩きたかったのですが、
車は姫が使うため (引越し作業をする姫に文句は言えません ^^;) 電車とバスでのアクセス。
さすがに塩水橋まで歩く気にはなれず、ヤビツ峠からヨモギ平を経由して、
三ノ塔~二ノ塔、二ノ塔尾根で下山というルートを歩いてみました。


8:18ヤビツ峠~8:40門戸口~8:50BOSCOキャンプ場9:00~
9:40ヨモギ平
9:55~10:40三ノ塔10:45~10:55二ノ塔~
12:04表丹沢野外活動センター14:48~13:18菩提原





始発のバスに間に合わせるべく7時15分頃に秦野駅に着くと、
すでにヤビツ峠行きのバス停には長蛇の列・・・さすがは丹沢、大人気。

IMGP6396.jpg
                     (ヤビツ峠行きのバス停は長蛇の列)



7:35 始発のバスが超満員で発車。
当然乗り切れないのですぐにまた次のバスがやってきます。
結局TONOが乗ったのは3台目のバスでしたが、
満員で立ったままあの山道を揺られるのはけっこう辛かった。
終点のヤビツ峠にはバスを降りた登山者が多数。




さて前回ヒルが靴に7匹くっ付いていたので、
今回はヒル対策に塩水スプレーを持参しました。
スパッツを着けてその上からまんべんなく塩水でスプレー。
これでヒルを寄せ付けない作戦です。
それでも取り付くヒルには塩をタップリお見舞いしてやろうと、
袋ごと持ってきました。(笑)

IMGP6428.jpg
               (塩と塩水スプレー・・・この2つでけっこうな重さ ^^;)



8:18 ほとんどの人が表尾根を目指して車道を歩く中、
TONOは一人駐車場の裏から門戸口に向かう登山道に入りました。
ここで忘れずにGPSの電源をON。
1分ほどで衛星をキャッチすると現在地が表示されました。
お~っ!まさに私はここにいます!・・・って感じでした。(笑)

IMGP6399.jpg
                              (GARMIN etrex 30)



この道を通る人はそう多くないんでしょう。
道標はシッカリ整備され道もあるんですが踏み跡は薄め。
ジメジメした場所なので羽虫が多くて閉口しました。

IMGP6402-2.jpg IMGP6401.jpg
 1|2  1:登山道の要所要所に道標あり  2:ウツボグサ




8:40 門戸口に到着。
ここに "名水きまぐれ喫茶" があります。

IMGP6406.jpg IMGP6405.jpg




しばし車道を歩き諸戸森林事務所を過ぎると、左手にBOSCOキャンプ場。
スタッフに一声掛けて場内を抜けて行きます。
ヨモギ平への登山口はキャンプ場の奥まった所。
ここで再度足元に塩水をスプレーして登山道に入りました。

IMGP6408.jpg IMGP6410.jpg
IMGP6413.jpg IMGP6416.jpg
 1|2  1:BOSCOキャンプ場入口  2:キャンプ場内の風景1
 3|4  3:キャンプ場内の風景2  4:ヨモギ平への登山口




急斜面の植林帯に付けられた九十九折の道を上ると、
高度が上がりキャンプ場を見下ろすようになります。
前にヨモギ平からこのキャンプ場に下山した時は、
地形図を見てもどこを下りたのかよく分かりませんでしたが、
GPSは現在自分が歩いている場所を明確に指し示してくれます。
それによると徐々に西側に移動しながら尾根に向かっているようです。

IMGP6418.jpg
                       (植林帯の急斜面を九十九折に行く)




標高730m前後で尾根に乗りました。
傾斜が緩むと770mの小ピークで、ここで尾根は左に進路を変えます。

IMGP6419.jpg IMGP6420.jpg
 1|2  1:尾根に乗る  2:P770mで尾根は左に進路を変える




しばし尾根を辿り再び左に進路を変えると傾斜が増してきます。
マルバブキタケが群生するようになるとヨモギ平は近い。

IMGP6422.jpg IMGP6425.jpg
 1|2  1:明確な尾根道  2:マルバブキタケの群生地




9:40 朽ちかけたベンチテーブルが見えました!
ヨモギ平に到着・・・いつもの様に人影はありません。

IMGP6426.jpg




そしてザックを下ろして一休み・・・と思った時でした。
前方でガサガサガサッと大きな音。
50mほどでしょうか、コンモリとした木の根元に真っ黒でムクムクした動物。
こちらにお尻を向けて慌てて走り去っていくのが見えました。
・・・んっ・・・・・・ク・・マ・・・!?
向こうが先にこっちを見つけて逃げたという感じでした。

一瞬の出来事でカメラを向けるような時間はありませんでしたが、
やはりあれはクマだったんだんでしょうねぇ。
他の動物だった可能性も考えてみますが、
あの黒さ、シルエット、動きからクマ以外の動物は頭に浮かびません。
ヨモギ平にもクマが出るんだ・・・バッタリ出遭わなくて良かった。

IMGP6430.jpg
                      (黄色い丸の辺りで黒い動物を見ました)




山でクマを見たのは初めてだったので、ちょっと興奮。
ザックを下ろしてクマがいた辺りを探索してみると、
ハッキリはしませんが10cm大の足跡らしきものを発見。
ただこれがクマの足跡なのかは???

IMGP6435.jpg




ひとまずここでベンチに座って休憩しました。
足元を確認しますがヒルの姿はなし。
スパッツを外して中も見ましたが大丈夫でした。
塩水スプレーの効果かヒルがいないところだったのか・・・

IMGP6429.jpg




さてこの日はヒル対策はしてきたけど、
クマ対策の鈴などは持って来ていません。
この先お地蔵さんまでは人気の無い尾根でちょっと不安ですが、
クマが何匹もいるとは思えないし歌でも歌っていけば大丈夫でしょ。
ある日、森の中、クマさんに、出あった
花咲く森の中~クマさんに出あった~
クマさんが、言う事にゃ、お嬢さん、お逃げなさい・・・ってか。 (笑)

・・・ん、でも自分お嬢さんじゃないけど、本当に大丈夫か・・・( ̄ー ̄;

IMGP6436.jpg


 (続く)



   GPSログの保存形式を間違えてブログにアップできず。
   本体のログを消しちゃったのでまた次回の山行で。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 鼻毛のび太 | URL | gP0nPKHU

    Re:2013 ヨモギ平で熊!?を目撃

    じぇじぇじぇ!

    熊との遭遇?すれ違い?

    無事で良かったです。
    戸隠でも頻繁に熊が出没して騒ぎになってます。

    これからは、鈴などが必需品かもしれませんね。

  2. TONO | URL | -

    鼻毛のび太 さんへ

    熊との遭遇でした。
    向こうが先に気付いて逃げたようです。
    お互い気付かずにバッタリしたらヤバかったです。
    塩水スプレーじゃ効果ないでしょうしね。(^^;
    丹沢には30匹くらいの熊が生息しているようなので、
    人の少ない山道を歩く時はやはり熊鈴要りますね。

  3. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2013 ヨモギ平で熊!?を目撃

    熊さんには会ったことはありません。
    熊鈴の安いのを買ってしまい、再度買い直しました。
    やはり、音の大きな響く鈴でないと心配です。

    心配なときは、手もたたいて音を出すようにしています。

    姫さん、一人で準備、いいんですか?
    後で熊より怖い鬼は出てこないんですか(笑)

  4. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    人が大勢通るメジャーな登山道では必要ないですが、
    誰も通らないような所ではやはり熊鈴は必要だと思いました。
    ただ熊鈴って・・必要ない所で何人も鳴らしていることも多くて、
    静かな山を楽しみたい向きにはイラッとくる事もあるんですよね。
    最近鳴らしたくない時は音を消せる熊鈴があるらしいので、
    それをゲットしようかと思っています。

    先週末は私もちゃんと引越し準備をしましたから、
    今のところは怖い鬼も出てこないようです。(笑)
    でも今週末また一人で山に行こうかと鬼の隙を窺っているところです。(^^;

  5. kita | URL | CdCU2NDA

    Re:2013 ヨモギ尾根~二ノ塔尾根 前編 ヨモギ平で熊!?を目撃

    熊は怖いですね、、、
    以前柏新道の下りで、車の排気音みたいな音を
    聞いたことがありました。
    その時は車の音だと思って歩いてたんですが車の
    音なんて聞こえる場所じゃないな?と途中で気づいて
    「あれは熊だったんじゃ?」
    と肝を冷やしたのを思い出しました。

    熊鈴。。。
    持ってるのに持ち出してないなぁ(汗

  6. TONO | URL | -

    kita さんへ

    柏原新道はけっこう人が通ると思いますが、
    登山道の近くにも熊がいるんですね。
    もしバッタリしたらと思うと怖いです。
    でもこっちが熊を怖いと同じように、熊も人間が怖い・・・
    こっちの存在に気付けば向こうから逃げて行くでしょう。
    やはり自分の存在を知らせる熊鈴は必要ですよね。

  7. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re:2013 ヨモギ尾根~二ノ塔尾根 前編 ヨモギ平で熊!?を目撃

    こんばんは~

    熊鈴とクマスプレーは必需品ですね。
    大雪山では登山道でも至近距離で出くわすこともあります(汗)
    遠くから見るのは良いけど、登山中は遭遇したくないです~

  8. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    ヒグマと至近距離で遭遇なんて考えただけで恐ろしい。(ノ゚ο゚)ノ
    そのうち夏の大雪山に行ってみたいと思っているのですが、
    心配なのはヒグマとエキノコックス。
    特にヒグマとの遭遇は一瞬で生死に関わるので恐ろしいです。
    北海道と違ってこっちは月の輪ですから、
    危険度はだいぶ下がりますがやはり熊鈴は要りますね。
    熊スプレーまでは持ってないですが、東北の山は熊が多そうだし、
    いちおうゲットしておいた方がイイですかね。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/562-dfeff3e7
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。