スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 白馬大池~雪倉岳~朝日岳~蓮華温泉 Vol.2

2013年09月18日 06:28

2013.8.14(水)~8.17(金)

1日目 栂池高原~~栂池自然園~天狗原~白馬乗鞍~白馬大池(テント泊)
2日目 白馬大池~小蓮華山~三国境~雪倉岳避難小屋
雪倉岳~燕岩~水平道~朝日小屋(テント泊)
3日目 朝日小屋~朝日岳~吹上のコル~五輪ノ森~花園三角点~
鉄製の橋~兵馬ノ平~蓮華温泉
4日目 蓮華温泉~~平岩駅~~南小谷~~栂池高原





2013.8.15(水)

栂池自然園から入山して白馬大池にテントを張った二人。
翌朝、テントから出るとこの日も晴れそう。

IMGP7479.jpg




朝食を済ませテントを畳んで、大池を後に雷鳥坂を登ります。

IMGP7486.jpg




振り返るとコバルトブルーに輝く白馬大池。
こうして見るとまさに天空の水面です。

IMGP7487.jpg




船越の頭から一旦下り小蓮華山へと続く道を辿ります。

IMGP7494.jpg




前方左手には後立山の素晴らしい景色が広がります。
右に白馬、その先に杓子、鑓と連なり、キレットの先は唐松~八方尾根。
唐松の向こうは五竜と鹿島槍が重なって見えています。

IMGP7506.jpg




小蓮華山の山頂で一枚。
昨年来た時は崩落の危険があるということで山頂部分は立入禁止でしたが、
今回は剣の立つ場所からもっと先まで入れる様になっていました。

IMGP7530.jpg




小蓮華山でちょっと休憩して先に進みます。
前方には白馬岳がその急峻な西側の姿を見せ、迫力一杯に聳えています。

IMGP7535.jpg




斜面をトラバースしながら登って行くと三国境に到着。
ここから見る雪倉~朝日方面のたおやかで伸びやかな稜線に心惹かれます。

IMGP7547.jpg





そして目を凝らしてよ~く見ると・・・朝日の小屋だ!
鉢が岳、雪倉岳、朝日岳と追ったその左のコルの部分に赤い屋根。
表示を見るとここから10km、約6時間あります。
大池を出てここまで3時間、さらに6時間か・・・
行ってみたいけど遥かに遠いよね~

IMGP7548.jpg




TONOがしばし考えていると、
「行っといた方が良いんじゃない、次またいつ来れるか分かんないし」と姫。
「う~ん・・・じゃあ、行っとく?」
と言うことで、予定を変更して朝日の小屋を目指すことにしました。
ここから先は未知の世界。
知らない所を歩くのはワクワクします。

IMGP7562.jpg





足元にはマツムシソウが咲き、
これまでの稜線とまた違った雰囲気があります。
マツムシソウは雪倉にかけてたくさん見る事ができました。

IMGP7560.jpg




気付けば右手の雪倉岳に雲がかかりその頂が隠れてしまいました。
また晴れてくれるのかどうか気になるところ・・・

IMGP7576.jpg




鉱山道を右に分けて鉢ヶ岳へ向かいます。
稜線を辿ってピークを踏んでいく様に見えますが、
実際はその山腹を巻いて行きます。

IMGP7582.jpg




トラバース道から振り返ると白馬の主稜線も大分遠くなりました。
人気の主稜線と比べると行き逢う人もほとんどいない静かな道です。

IMGP7592.jpg





このトラバース道はちょっとしたお花畑。
今年はコバイケイソウの当たり年と聞いていましたが、
ここでもたくさんのコバイケイソウを見る事ができました。

IMGP7590.jpg




残雪が消えるとそこには高山植物が花を咲かせる。
すでにこの時期は花の盛りは過ぎていますが、
豊富な残雪のお陰で長い期間にわたって花を楽しむ事ができます。

IMGP7599-2.jpg




シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ハクサンコザクラ、
ツガザクラ、アオノツガザクラ・・・ちょっとしたお花畑です。

IMGP7602.jpg




咲き誇るチングルマに励まされながら先に進みます。

IMGP7603.jpg





鉢倉岳のトラバースが終わると、前方の視界が開けて再び雪倉。
かかっていた雲は取れてその頂を見せています。
こうして見ると最後の登りがキツそう。

IMGP7609.jpg




マツムシソウやユキクラトウウチソウが咲く登山道を
なだらかに辿って行きます。

IMGP7610.jpg IMGP7611.jpg




すぐに雪倉非難小屋に到着しました。
もうかなり疲れていますが、ここからまだまだ先は長い。
コースタイムで5時間ほど・・・もうここに泊まってしまいたいくらい。(^^;
とりあえず休憩します。
この小屋は無人で水場もありません。
TONOは中に入らなかったですが、姫が言うには中にトイレがあったらしい。

IMGP7612.jpg


 (続く)



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. クロちゃん | URL | -

    Re:2013 雪倉岳~朝日岳 Vol.2

    今回、姫さんの登場が多いですね。
    高山植物と姫さんのツーショット、いいですね。
    山ガールの雰囲気が出ています。

    お天気もよく、本当に山日和ですね。

    最近、予定を立てると雨のクロちゃんです。
    平日の天気のいい日に山登りを楽しみたいな・・。

  2. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    白馬の主稜線から離れるとまた違った花が見れて楽しかったです。
    この日は午前中は天気良かったんですが、
    午後になり雲ってきて雪倉の山頂はガスガスでした。

    ここのところ週末の天気が良くないですよねぇ。
    台風の後はずっと天気が良いのに、今週末も曇ベースの天気になりそう。

  3. kita | URL | CdCU2NDA

    Re:2013 雪倉岳~朝日岳 Vol.2

    朝日岳方面も良さそうですね~
    今度白馬に登る時は、白馬大池~白馬岳~白馬鑓温泉ってコースを考えてたんですが、TONOさんのこのコースも捨てがたいですねぇ…
    しかし、この稜線の景色はすばらしいですね(^^)

  4. TONO | URL | -

    kita さんへ

    鑓温泉のルートは私もいつか歩いてみたいと狙っています。
    ただお湯が熱いと聞いているのでクローズ寸前の寒い時期かなぁ・・・
    雪倉~朝日~蓮華温泉のルートは標高が低いので、
    白馬の主稜線と比べるとかなり暑かったです。
    紅葉の時期とか初夏の時期が良いのかも知れませんね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/576-9346a27c
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。