スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新高湯温泉 Vol. 3

2010年07月27日 18:25

2010.6月下旬

IMG_1407.jpg

  夕食後、気付くと姫は仮眠状態。 (^^;

  19:45 仕方がないので、

  一人で風呂へ行くことに。


IMGP9426.jpg

  この時間帯(18:30~20:00)は、

  露天風呂が全て女性専用となるため、

  男女別の内湯へ向います。


IMGP9441.jpg



奇麗に整理整頓された脱衣所。




ドアを開けると・・・

木の床、檜の浴槽。

湯口から注がれるお湯は、湯船の縁から静かにオーバーフロー。


ほぉ~、これまた良い感じですね。

IMGP9427.jpg

IMGP9429.jpg


湯面を叩く音は、

高い天井に吸い込まれていきます。


IMGP9428.jpg

  目を引くのが昔ながらの "湯貯め箱"。

  加水無しで源泉の温度を

  調節するためでしょうか。


IMGP9436.jpg

湯温はやや熱めですが、

サッパリとした爽快感があります。

ほんのかすかに硫黄臭があるかなぁ・・・


IMGP9440.jpg

  洗い場にはシャンプー、

  ボディソープが置いてあります。

  いちおうシャワーもあり。


IMGP9430.jpg

    15分ほど浸かって出ました。


    脱衣所に貼ってあった温泉表示。

"含硫黄-カルシウム-硫酸塩温泉" とあります。



内湯を出た後、缶チュウハイを飲みながら、ロビーでしばし涼みました。

IMGP9425-4.jpg


20:20 露天風呂の "女性タイム" が終わったので、

姫を起こして二人で露天風呂へ。

"滝見の湯" からは複数の人の声がしていたため、

"展望露天風呂" へ行きました。


夜になり気温はかなり下がってきましたが、

温泉の中は暖かくて快適です。

二人でこの風呂を独占してノンビリ過ごしました。

IMGP9446.jpg


ただ滑る床には要注意。

ほろ酔い気分のTONOは滑りまくりでした。 (^^;



21:30 風呂から上がって部屋へ戻り、就寝。




翌朝です。

6:30 起床。

外は晴れているようです。

とりあえず、風呂に行こうか。


IMGP9463.jpg
玄関を出ると、左手の目立たない場所に

暖簾がかけてあります。

何だろう・・・? 

昨日は気付かなかったなぁ・・・


IMGP9462.jpg


  中を覗くと脱衣所があります。

  どうやら貸切風呂のようです。


IMGP9461.jpg

奥には、木をくり貫いたような

細長い湯船がありました。

狭そうなのでここは見ただけ。


IMGP9469.jpg



  "展望露天風呂" に向います。


IMGP9467.jpg

朝の山並みも美しいです。

正面に兜の形をした山が見えました。

あれが "兜山" かな・・・



視界が良い時には、 "飯豊朝日連山" も見えるそうな。

IMGP9465.jpg



さて丁度この時間は、女性用の "大岩たぬき風呂" が "男性タイム" でした。

折角なので行って見ることにしました。

姫はその間、 "滝見風呂" に行くって。


階段を下りると、"女" と書かれた赤い暖簾があって、

一瞬ギクッとしますが、時間的には確かに男性タイムです。

IMGP9472.jpg
              (写真は奥から撮ったもの。塀の向こう側に階段があります)

IMGP9471.jpg
岩に囲まれ周りから見えないので、

女性用にしたんでしょうが、

開放感が少なくて狭苦しいです。

・・・ここは入らなくても良いかな~



で、結局見ただけでここには入らず、

先に姫が向った "滝見風呂" に行きました。


他に人はおらず、姫が滝を見ながら入浴中でした。

IMGP9474.jpg


IMGP9488.jpg

この風呂には何か凛とした空気を感じます。

お湯に浸かると、全てが洗い流されて、

心まで清らかになりそうな気がしました。




7:37 朝食までにはまだ少し時間があります。

内湯へ行って見ますか。


誰もいない檜の風呂に朝の光が差し込み、

湯音だけが響き渡っています。

IMGP9496.jpg


湯船に身を沈めていると、フッと湯音が消えて、

静寂の世界にいるような感覚になりました。


IMG_1409.jpg


8:09 朝食が運ばれてきました。

シンプルなメニューですが、

美味しかったです。




9:17 チェックアウトして宿を後にしました。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 新高湯温泉 Vol. 3

    こんばんは~

    ロビーのランプがいい雰囲気を醸し出していますね。
    こんな場所で飲んだら、飲みすぎてしまいそう。

    ここの温泉は、シャンプーとか泡立ちはどうですか?
    温泉成分によっては泡が立たない温泉もあるし、どうなんでしょう。

  2. TONO | URL | -

    露天風呂マニア さんへ

    こんばんは
    ロビーのランプは火が灯れば
    もっと良い雰囲気なんでしょうけどね・・・
    ここにはサービスのコーヒー、紅茶なども置いてあって、
    風呂上りについ長居してしまう感じでした。(^^)

    そうですね。泡立たない温泉ってありますよね。
    この風呂ではシャンプーは普通に泡立ってたと思います。

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 新高湯温泉 Vol. 3

    おはようございます‥(^^)

    木を主体の湯場良い雰囲気ですね‥(^-^)
    そしてランプの演出たまりませんね‥(^0^)
    こんな温泉でのんびりした時間を過ごしたい
    です‥(^。-)
    新高湯温泉行きたいな~(^^)

  4. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    おはようございます
    木の温もりが心地良い落ち着いた内湯でした。
    絶え間なく湯音がしているのに、
    何故か静かさを感じました。
    私にとってはちょっとお湯が熱めなので、
    長くは入れなかったのが残念ですが。
    滝見、展望、内湯とそれぞれ特色があって、
    良い宿だと思いました。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/59-3f3c1d91
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。