スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 アキアカネ舞う大朝日岳

2014年08月16日 22:14

2014.8.14(木)

二人の今年のお盆休みは13日の午後~17日まででした。
当初は北アルプスに遠征の予定でしたが、
天気が今一つでとても縦走できるような感じじゃなかったですね。
そこでかろうじて天気が持ちそうな14日に近くの山に登ってきました。
なお姫は朝の天気をみてモチベーションが上がらず、今回はTONOの単独行です。






狙ったのは山形県の百名山の一つ。
朝日連峰の "大朝日岳" です。
古寺鉱泉から日帰りでピストンしました。

IMGP1100 (1280x853)
(古寺鉱泉 "朝陽館" の裏手から登山道に入ります)




尾根を辿って古寺山に上がると、小朝日岳、大朝日岳が目に飛び込んできます。

IMGP1141 (1280x852)
(正面に小朝日岳、右に大朝日岳)




そして振り返ると月山と鳥海山。

IMGP1169 (1280x852)
(月山の左後方には鳥海山)




一旦下り小朝日岳に登り返すと伸びやかな朝日連峰の主脈が美しい。

IMGP1171 (1280x853)
(大朝日岳~中岳~西朝日岳)




小朝日から鞍部へ下ったあとは、大朝日を目指して稜線を行きます。

IMGP1237 (1280x853)
(大朝日の山頂から見た古寺山~小朝日~大朝日小屋へと続く稜線)




避難小屋を過ぎてザレた斜面を登ると、いよいよ大朝日の山頂。
山頂からは360°の大展望が得られます。
特徴的な山容の祝瓶山へと続く縦走路が脳裏に焼き付きました。

IMGP1251 (1280x853)
(祝瓶山へと続く縦走路と背後に浮かぶ飯豊連峰)




季節を変えて再訪することを誓って、大朝日の山頂を後にします。
懐深い朝日連峰の魅力を感じた一日でした。

IMGP1261 (1280x852)
(マツムシソウに止まるクジャクチョウ)



(詳細な記事と写真はヤマレコで公開中
  古寺鉱泉からアキアカネ舞う尾根を辿って大朝日岳へ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 鼻毛のび太 | URL | gP0nPKHU

    Re:2014 アキアカネ舞う大朝日岳

    今年は天候が変ですね?
    お盆休みを利用しての登山計画は天候が悪いので延期しました。

    ニュースではこの天候で沢で流されたりと遭難がありました。
    無理して行かなくてもいいのにと思うんですがね?

    山は逃げませんからね

    また更新を楽しみにしています。

  2. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2014 アキアカネ舞う大朝日岳

    7月に登山しておいてよかったと思う天候ですね。
    8月になってからは、すっきりとした天候が続きません。

    東北の山は、未知の世界ですが
    いろいろなお花を楽しみながら登れそうですね。

    秋は紅葉のシーズンが楽しみですね。

  3. TONO | URL | -

    鼻毛のび太さんへ

    今年の夏はお盆前に終わっちゃった感じです。
    私たちは白馬大雪渓~白馬三山~不帰キレット~唐松~八方尾根の計画だったんですが・・・
    今回はあまりにも天気が悪すぎましたよね。
    最近の天気は変ですし、来年は8月入ってすぐに夏休みを取ろうかと思ってしまいます。

    北アで遭難が相次ぎましたが、かなりの大雨だったようですし、
    その中を槍とか奥穂に行くのもどうかとは思いますね。
    少ない休みで何としても行きたいという気持ちだったんでしょうか・・・
    翌日の快晴が約束されているならまだしも、
    雨の日に登っても眺望はないし楽しくないし、
    あの雨量になると様々なリスクが大きくなりますしね。

    私も雨の日に無理して登ったことはあるし、そんなに偉そうなことは言えませんが、
    あそこまでの雨ならまず登ってないでしょう。
    ただ自分への戒めとして胸に刻んでおこうとは思います。

  4. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    そっちも8月はスッキリしない天気ですか。
    今年の夏は不完全燃焼って感じですね。

    東北の山はまだ数える程度しか登ってないですが、
    優しい山容と伸びやかな稜線が魅力的です。
    空の青、残雪の白、山肌の緑のコントラストは、
    その標高以上にアルペンムードに溢れてますし、
    今回の朝日連峰には懐の深さを感じました。

    秋にはきっと素晴らしい紅葉を見せてくれると期待しています。
    テント場がないというのは残念なところですが、
    避難小屋利用で縦走してみたいと思っています。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/591-b0e926e5
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。