スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新高湯温泉 Vol. 4

2010年07月28日 18:00

2010.6月下旬

"新高湯温泉" に宿泊した二人。

温泉、食事とも大満足で宿をチェックアウトしました。


宿を出てすぐに難所の(笑)急坂を下ります。

ここさえ無事に下れば、あとは何てことはない道です。


天元台ロープウェイ「湯元駅」まで下りてきました。

ちょうどロープウェイが下りてきたところでした。

IMG_1412.jpg
             (手が届きそうな気がするほど近い所を通るロープウェイ)


 「まだ帰るには時間も早いし、上まで行ってみる?」

 「どっちでも良いよ。」

 「じゃあ、とりあえず行って見ますか。」




IMG_1477.jpg
まずは、湯元駅で情報収集。

ロープウェイと夏山リフトを乗り継げば、

標高1,820mの "北望台" まで行けるようだ。

その先は、2時間で "西吾妻山" 山頂です。


でも今日は山に登る格好じゃないし、姫に至ってはサンダルだしね。

しかも乗り継ぐと3,200円/人もかかるのか~

ロープウェイだけなら往復 1,400円/人・・・


IMG_1474.jpg

  で、ロープウェイだけ乗ることに。

  上の天気も良さそうだし、

  "吾妻山" 登山の下見という事で。


IMG_1419.jpg

  標高920mの "湯元駅" から、5分。

  1,350mの "天元台高原駅" に到着。

  下と比べると、随分涼しいです。


IMG_1434.jpg

  天元台スキー場は、

  初滑りが早いことで有名ですが、

  夏は緑の高原です。



高山植物はほとんど見れませんでしたが、マーガレットが満開でした。

IMG_1428.jpg


IMG_1437.jpg

IMG_1432.jpg



  ニッコウキスゲは咲き始めです。


IMG_1438.jpg

  "パノラマ展望台" に

  "火焔の滝展望台" か・・・

  行って見ますか。

    (ここに地デジの中継局があります)
IMG_1439.jpg


"パノラマ展望台" です。

ちょっとワクワクします。




飯豊連峰だ! あの稜線をいつか歩いてみたいですね。

IMG_1440.jpg



手前に視線を移すと、米沢市街。

IMG_1442.jpg


"天元台" という地名は、昭和40年代にこの地が開発される際に、

当時の米沢市長が命名したものだと言う。

"天元" とは元々囲碁の用語で、碁盤の中心点を指すようですが、、

"天元台" という言葉には、米沢を見晴らす台地で、

世の中の中心となって発展して欲しいという願いが込められているのだと。

(ロープウェイ駅にこんな様な説明がありました。 多少違うかも知れません・・・^^ゞ)




幾重にも重なる稜線に、山の懐の深さを感じます。

IMG_1443.jpg



IMG_1444.jpg


お次にやってきたのは、

"火焔の滝" 展望台。




んっ!? どこに滝があるの?

IMG_1446.jpg


遠くの山間をよく見ると、緑の中に白糸が2本。

IMG_1445.jpg

あれか~!? ・・・ちょっと遠過ぎじゃない。 (^^;



ロープウェイ方面に引き返しますか。

同じような建物が並んでいます。 "ペンション村" ですね。

IMG_1448.jpg

二人が訪れた時は閑散としてましたが、シーズン中は賑わっているのかなぁ・・・



IMG_1451.jpg
ここで 「何、これ!?」 的なものを発見!

まずテニスコートがあって・・・

夏は合宿でもするんでしょうか。

ここまでは特に何てことはない風景。




で、ここからが実に不思議。

テニスコートの後ろに続く黒く長い斜面。

IMG_1449.jpg


ネットは張るんでしょうが、もしもボールがそれを越えたら、

はるか下まで転がっていきますよね。(‥;

IMG_1450.jpg

う~ん・・・何のために、こうなってるの???


IMG_1453.jpg



ペンションを見ながら進みます。




楽園が待っていそうで、思わず登ってみたくなるような階段です。(笑)

IMG_1455.jpg


30分ほどで、"天元台駅" に戻ってきました。

乗客は誰もいません。

15分ほどの待ち合わせです。


売店で、"根曲がり竹" が売られていました。

悩んだ挙句に、姫は一束購入。

どうやって調理するか、店のオバサンに聞いてました。 (^^;

IMG_1464.jpg



IMG_1466.jpg


この "竹の子汁" ・・・

食指が動いたんですが、

朝をたくさん食べたので、

ちょっとお腹に入るスペースはないかなぁ・・・





下りのロープウェイの中から、何気なく山の中腹を見ていたら、

んっ! あれはもしかして・・・!?

IMG_1475.jpg
                           (写真中央に小さく見えます)


山の木々に埋もれるようにして、建物が見えます。

そう、宿泊したあの宿です。

こうやって見ると、凄い山深い所にあったんですね~ ( ̄。 ̄)

IMG_1476.jpg



次回は登山の帰りに宿泊しようかな。。。

日本百名山の "西吾妻山" ・・・

いつか登るときが来るでしょう。


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. バカボンパパ | URL | JalddpaA

    Re: 新高湯温泉 Vol. 4

    天元台スキー場は、5月の連休までスキーができるところで、上の方には、樹氷なんかも見えるところです。
    福島から高湯温泉の上、磐梯吾妻スカイラインを通って吾妻小富士から西吾妻への縦走をよくしてました。
    帰りにはもちろん白布温泉で入浴してから帰るなんてパターンでしたが

    TONOさん、東北の温泉と山が待ってますので、またおいでませ~♪

  2. TONO | URL | -

    バカボンパパさんへ

    東北の山と温泉・・・
    実に魅力的ですね~
    特に温泉に惹かれちゃいます。
    また機会を見つけて是非訪れたいと思います。
    今回踏めなかった西吾妻のピークを踏みたいところですが、
    出張では時間が厳しいので・・・(笑)
    次は白布温泉辺りを狙ってます。(^^)

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 新高湯温泉 Vol. 4

    おはようございます‥(^^)

    今回は、登山ではなく観光なんですね‥(^-^)
    登山装備でなく私服の姫さんとっても素敵です‥(^0^)
    マーガレットいっぱい咲いてとっても綺麗です‥(^。-)
    竹の子汁食べて見たいな~とっても素朴な味が
    するんでしょうね‥(^。-)

  4. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    おはようございます
    今回は普通の服なんで山には登れませんでした。
    さすがに登山靴履いて、ザックを背負って、
    出張に行ってきます・・・って言うのもね~(^^;
    次は登山目的で訪れたいと思います。
    下山後に竹の子汁食べたら美味しいだろうな~(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/60-2665cca9
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。