スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 阿弥陀岳 "静かな山を満喫"

2010年07月31日 18:00

2009.8.2 (日)

6:55 登山口からはいきなりの急登です。

27 急だな~



さて今回、姫は初の山スカート。

28 一息


急斜面で後ろから登って行くと、

パンツが見えそうでドキドキします。

でも下に短パンが付いているので、実際には見えないんですけどね。 (^^ゞ



7:04 尾根に上がりました。

ここで、"旭小屋" からのルートと合流します。

29 尾根上



急な登りで早くも大汗。 レインウエアを脱いで体温調節。

30 暑い




7:17 さて行きましょう。

この先、一部ルートが不明瞭で分かりにくいですが、

ともかく尾根を先に進むと、すぐに明瞭な登山道に出ます。

32 立て標識



ここから先はず~っと左側に鉄線が張られ、

こんな看板が立てられています。

33 罰金10万円
                         (たくさんキノコが採れるみたい)



このきのこ山では、「ギンリョウソウ」(銀竜草)をたくさん見ることができました。

34 ギンリョウソウ



ひたすら登るといつしか鉄線はなくなり、

明るいシラビソの林の中に、まっすぐ道が伸びています。

35 シラビソの林



日当りの良い場所に、「リンネソウ」が咲いてました。

36 リンネソウ


スウェーデンの植物学者である“リンネ”がこの花を大変好み、

リンネの名前を献じてこの名が付けられたそう。


淡いピンク色の花で控え目な感じだが、実に可愛らしい。

1本の花茎から2つの花が並んで咲くので、

日本では「メオトバナ」と呼ばれています。



この時期はどこへ行っても見かける「ゴゼンタチバナ」(御前橘)

37 ゴゼンタチバナ



傾斜が緩み平らなピークに着きました。

38 ピーク



8:59 "立場山" (2,248m)です。

39 立場山


樹林に囲まれたピークで展望は全くなし。

写真だけ撮って通過します。



ここから、一旦下ります。

40 一旦下り



途中「エゾシオガマ」(蝦夷塩釜)を見つけました。

43 P1050732


蝦夷の名が付いてますが、

北海道だけでなく本州の中部以北でも生息しています。

ここ南八ヶ岳でもたくさん見かけました。



9:21 「青ナギ」と呼ばれる特徴的な場所に到着。

晴れていれば、"阿弥陀岳" の雄姿を望めるはずだが・・・

44 青ナギ


右側がコテで均したように平らな斜面となった、明るく開放的な所です。

自然の造形物とは思えないほど凹凸がないです。

不思議ですね~ (・。・)



この青ナギ周辺は、お花がいっぱいでした♪



まずは、「ミヤマアキノキリンソウ」(深山秋の麒麟草)

41 ミヤマアキノキリンソウ


和名は "黄輪草" の説もあるようです。


「アキノキリンソウ」は花が縦にまんべんなく付き、麒麟の首に似ています。

でも、「ミヤマアキノキリンソウ」は茎頂部に花がまとまって付き、

上から見ると黄色い輪のように見えるから、"黄輪草" の方が合ってるかも。




お次は花が終わりかけてますが、「イワオトギリ」(岩弟切)

42 イワオトギリ


岩場に咲く "弟切草" ということ。


"弟切草" の名前の由来は、

「"鷹の傷を治す秘薬" と言うこの草の秘密を、弟が他の鷹匠に教えてしまい、

 これに腹を立てた兄が、その弟を切り殺してしまった。」

と言う伝説から来ているらしい。

葉に残る赤い模様は、そのとき切られた弟の血痕!?だって。 (‥;




「タカネイブキボウフウ」(高嶺伊吹防風)

49 タカネイブキボウフウ


蕾のときは紅紫色で、開花すると白色に変わります。

それで同じ株に色の違う花が付いているように見えます。




「テガタチドリ」(手形千鳥)

50 テガタチドリ


太い根が手のひら状になっていること、

花が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから名付けられています。




「タカネグンナイフウロ」(高嶺郡内風露)

51 タカネグンナイフウロ


山地で見られるグンナイフウロの高山型。

光を透かすと紫色の花が実に綺麗です。

水滴の付いた花弁が素敵ですね~♥




群生してたのが、「コバノコゴメグサ」(小葉小米草)

45 コバノコゴメグサ



それと、「イブキジャコウソウ」(伊吹麝香草)

47 イブキジャコウソウ群生


近くで見ると、ピンク色の「ウツボグサ」みたいですね。

46 イブキジャコウソウ


ちなみに「イブキジャコウソウ」も「ウツボグサ」もシソ科の植物です。




9:30 この当りから雨と風が強くなってきました。

青ナギを渡って先を急ぎましょう。

48 青ナギを渡る



ちなみに、ここまで出会った登山者は2人(1組)のみ。

TONOがきのこ山の辺りで写真を撮っていると、

超特急で追い抜いていきました。


その後は誰にも会わず、実に静かな山を満喫です。


 (P3を目指して へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 阿弥陀岳 2009 

    おはようございます‥(^^)

    いきなりの急斜面キツそうですね‥(@。@)
    心臓破りの急斜面では‥(@。@;)
    しかも姫さんのが‥ 見えそうで心臓バクバク‥(@。@;)
    いずれにしても心臓バクバクですね‥(^。-)

    青ナギ何やら面白い場所ですね‥(^-^)

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 阿弥陀岳 2009 

    こんばんは~

    きのこ山が気になりますね!
    ひょっとして、秋になれば松茸も生えるのかな。
    銀竜草も菌類ですか??

    北海道は最近天気が悪く雨ばかり。
    山と温泉に行きたくてストレスがたまります!
    そんなん時、TONOさん姫さんのブログを見て
    癒されております(笑)



  3. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんにちは
    最初の急斜面は10分程度なので、
    心臓破りとまではいきませんでしたが、
    スカートにはちょっとドキドキです。(笑)
    青ナギは自然が作ったとは思えないほど
    人工的な感じのする場所でした。
    何であそこだけあんなに平らなのか・・・
    不思議ですよね~

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニア さんへ

    こんにちは
    ギンリョウソウは菌類ではなく、
    菌類から栄養素をもらい生きている、
    腐生植物に分類されるようです。
    菌類に寄生している植物ということですかね~

    今回の山行は天気はいまひとつでした。
    写真もピンボケばかりで・・・(T_T)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/63-743a8e37
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。