スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 阿弥陀岳 "P3を目指して"

2010年08月01日 18:00

2009.8.2(日)

9:30 青ナギを渡り先へ。

ここからは辛い急登が続きます。

52 急登を行く



10:03 急斜面が終わると、無名のピーク(2,540m)を踏みます。

ここから阿弥陀山頂から延びる南稜を見てとれます。

いったいどこを登って行くの・・・?

IMGP3261.jpg



そして、その右手に視線を移すと中岳~赤岳。

55 中岳~赤岳



正面に見える赤岳へズームイン。

54 赤岳



無名ピークから樹林帯を少し下ります。



「イワオウギ」(岩黄耆)が咲いていました。

中国の薬草である黄耆(オウギ)に似ていることから、名付けられたよう。

56 イワオウギ




10:11 登り返すと岩場のピーク(2,564m)に達します。

59 岩のピーク



岩場に輝くような黄色の花。

「ミヤママンネングサ」(深山万年草)です。

57 ミヤママンネングサ


万年草の名前通り、岩場などの過酷な環境で、逞しく生きています。

グレイな岩場をバックに、実に鮮やかな黄色い花です。




こちらは、「タカネツメクサ」(高嶺爪草)

61 タカネツメクサ


岩場に密生し小さな花がびっしり。

線形の細い葉を、鷹の爪に見立て名付けられています。

清純なイメージの美しい花です。




ここまで来ると遮るものは何もなく、

阿弥陀岳への綾線がはっきりわかります。

奥の阿弥陀岳の手前に、P3(ピーク3)が立ちふさがっています。

60 阿弥陀岳へ伸びる岩稜帯





コルへ急下降したところに、群生していたこの黄色の花。

「マルバダケブキ」(丸葉岳蕗)

62 IMGP3279


丸く大きな蕗に似た葉を持ち、

山岳地帯に生えていることから名付けられました。




コルから再び登り返し。



「バイケイソウ」(梅草)が咲いていました。

63 バイケイソウ


その新芽が「ウルイ」(オオバギボウシ)と似ていて、

食中毒を起こすので要注意です。




ここにも咲いてました。

「ヤマハハコ」(山母子)

64 ヤマハハコ



「ヨツバシオガマ」(四葉塩竈)

65 ヨツバシオガマ


四葉の名前の通り、葉は茎の節ごとに概ね4つずつ輪生。

他のシオガマと比べると花茎が長く丈も高いので、

「タカネシオガマ」や「ミヤマシオガマ」とは一見して異なります。




さて、P3が迫力ある姿で近づいてきました。

でもこのP3は、実際は登らずに基部を巻いて行けます。

65 P3





10:30 この頃から、ガスが湧きあがってきました。

さっきまで見えていた赤岳は、アッと言う間に真っ白になってしまいました。

66 ガス湧く赤岳



少し行くと、開けた展望の良い場所があり、

ここで2人の登山者が休憩していました。

これで今日会ったのはトータル4人。

この先は下山まで、人っ子一人出会いませんでした。




「ミヤマダイコンソウ」(深山大根草)の咲く、緑の斜面を登っていきます。

ここは、先ほどP3の下部に見えた緑色のデルタ地帯のようです。

67 お花畑を行く




「チシマギキョウ」(千島桔梗)もたくさん咲いています。

68 チシマギキョウ




10:47 P3基部に着きました。

・・・さてここからどっち行くの?

69 あれ登るの・・・





花を見てちょっと一息入れましょう。

「キンロバイ」(金露梅)です。

70 キンロバイ


黄色の大型の花が群生しているので、緑の中で目立ってました。

花の形が梅に似ており、黄色であることが名前の由来です。

71 キンロバイ2




P3の基部にトレースがありました。

72 P3基部を巻く



紫・白・黄色・・・と花が咲き乱れる中を、トラバースしていきます。

73 プチお花畑の斜面


 (いよいよ核心部! へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/64-ad20c25d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。