スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 阿弥陀岳 "御小屋尾根で下山"

2010年08月03日 18:00

2009.8.2(日)

雨が強くなり、ガスも濃くなってきました。

これ以上の長居は無用です。


11:36 下山開始します。

101 阿弥陀岳標柱



ガスの向こうに岩峰が見えます。

103 下山も大変そう・・・


えっ! 下山も大変なわけ・・・!?

聞いてないけど・・・



短い鉄梯子で岩を乗り越えます。

104 鉄梯子



突風で体が煽られます。

腰を屈めて通過です。

105 風で煽られる



お次はロープで岩峰の下へ。

106 ロープを伝って



11:42 ここで「御小屋尾根」と「中央稜」に分岐します。

107 御小屋尾根へ



レンズカバーに水滴が付いて判読不明ですが、

「立ち入り危険・中央稜」の標識。

108 中央稜は立ち入り危険



ここからは滑りやすい急斜面を、ロープを頼りに下りて行きます。

109 鎖場

110 滑りやすい斜面




10分ほど下りると、ロープはなくなり、尾根上の登山道を辿ります。

IMGP3378.jpg



やがて、樹林帯の中へ。

雨を避け樹林帯の中で休憩します。

112 木々の中を下りる



12:45 水場を通過。

113 水場



雨で姫のグローブはびしょ濡れ。

搾ると水が滴り落ちます。

114 びしょ濡れ



振り返ると、木々の間から阿弥陀岳を仰ぎ見ます。

117 阿弥陀岳を仰ぐ


雨は小降りとなり、いつしか止んでいました。




13:18 分岐部に着いた。

明確なピークであるとは感じなかったが、ここが御小屋山のようだ。

118 御小屋山



右は美濃戸へのルート。

左へ行けば、車を駐めた舟山十字路だ。

119 分岐点



ここから先は、歩きやすく快適な道です。

120 歩きやすい



時おり出てくる古い標識でルートを確認しながら、先へ進みます。

121 古い標識



虎姫新道?

そんな名前地図に載ってないけど・・・???

122 虎姫新道



おっ、ヤマホタルブクロだ。

123 ヤマホタルブクロ


今回は、中に何も隠れていませんでした。(^^;)

124 何もいなかった




虎姫神社か~

これが虎姫新道の名前の由来だね。

125 虎姫神社




先に進むと道幅が広くなり、林道のような道になりました。

127 もうすぐかな




姫が何か見つけました。

宿り木!?

126 これ、何だ・・・



ちょうどTONOが写真を撮っていると、姫が足を止めました。

「TONO! 何か咲いてるよ~♪」

129 クガイソウ
                   (紫色の花は、 "クガイソウ" 葉が輪生します)



見ると、赤紫色の奇麗な花。

「ママコナ」(飯子菜)でした。

128 ママコナ


花冠の下唇には2条の白色の斑紋があり、

この白斑をご飯粒に見立て名付けられたようです。




さて、もうそろそろ着くかな~

130 もう近い



しかし、何匹の蝉が鳴いてるんだろう・・・

この辺りとんでもなく煩いです。 (^^;)

蝉の抜け殻も見かけました。

131 セミの抜殻



朝も通った標識の所に戻ってきました。

132 戻ってきた



下では雨は全く降っていません。

ゲートへ向かいます。

133 ゲートへ



"ヒョウモンチョウ" が花に群がっていました。

134 ヒョウモン



14:24 着いた~

135 ゲートに到着



天気はいまいちだったけど、

変化に富んだルート、花もいっぱい、しかも人影なし。

なかなか良い山行でした。

是非、紅葉の時期に訪れてみたいですね~

今度は穏やかな秋晴れの日にね。



さて風呂に入りたいところですが、高速が渋滞するとね・・・

最近の渋滞は激しいからね~

真っ直ぐ帰りましょう。



日曜日だけど、雨だったしさほど渋滞しないかな・・・と思ったら、

15:45 渋滞25km だって。

136 渋滞情報



大月JCTで河口湖方面へ抜けるも、

東名高速も渋滞してるみたい。


246号で大井松田へ。

小田原厚木道路へ向かう途中で、面白い標識を見つけました。

137 美人多し・・・


「美人多し 運転注意」

この標識って、交通安全の役に立ってるのかな~ (^^;)

美人を探して、脇見運転しそうだけど。(笑)


 (終わり)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/66-7fd4e34b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。