スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 西穂・奥穂縦走 Vol.2 「西穂山荘~西穂高岳」

2010年08月27日 18:00

2009.8.9(日)

翌日からの "西穂・奥穂縦走" に向け、"西穂山荘" に宿泊した二人。


4:00 目覚ましが鳴り布団を出ます。

う~ん、寝たような寝てないような・・・

スッキリした寝覚めとはいきません。


玄関前では、TVの天気予報に見入る人達。

30 早朝の山荘


予報では今日は曇りか・・・

雨にならなければ良いけど・・・



4:37 準備をして山荘を出ます。

まだあたりは暗く、ヘッドライトが必要です。

31 西穂へ


"西穂高岳" までは何度か通った道ですが、

その先に足を踏み入れると思うと、いつもとは違った緊張感。



まずは山荘前の岩場を抜け、ハイマツ帯を行きます。

32 ハイマツ帯




5:00 夜が明けたようです。

東の空がオレンジ色に染まっていく。

33 朝焼け



丸山(2,452m)の辺りで、急速に明るくなってきました。

前方の急斜面に向い登山道が伸び、

その先に独標~西穂高岳の稜線が見えています。

34 明るくなる




5:04 姫が感嘆の声を上げます。

35 虹1


うわぁ~、虹だ!

焼岳・乗鞍岳方向から、笠ヶ岳に架かる二重の虹です。

36 虹2


10分程で消えてしまいましたが、良いものを見せていただきました



ところが、この日は雨が降ったり止んだり。

レインスーツを出発時に着たものの、暑くなってすぐ脱いで、

今度は雨が降ってまた着て、雨が止んで暑くなってまた脱いで・・・(ーー;

37 雨



5:33 台形状の独標が近づいてきました。

38 稜線



足元には「イワツメクサ」(岩爪草)が、清楚に咲き揃います。

39 イワツメクサ



独標の上に、数名の登山者を確認できます。

40 独標を望む



5:56 西穂独標(2,701m)に着きました。

42 西穂独標
                          (飛騨の名峰 "笠ヶ岳" をバックに)



ここまで、予定より時間がかかってます。

2度のレインスーツの着脱で時間をロスしたかなぁ。

まあ、先は長いし焦らず行きましょう。


とりあえず、朝食を食べますか。

43 朝食
                             (吊尾根~前穂高岳~明神岳)


山荘でもらった弁当です。 オニギリが2個付いてました。

45 お弁当




この先の、ピラミッドピーク・西穂高岳~ジャンダルム・奥穂高岳の稜線を確認できます。

雨も止んだし、テンションモードです。

44 ピラミッドピーク~西穂




垂直な岩壁に「チシマギキョウ」が咲いてました。

この花はこんな岩場が良く似合いますね。

47 岩壁に咲くチシマギキョウ


チシマギキョウは横~下向きに花を咲かせ、

イワギキョウは上~やや横向きに花を付けるのですが、

さてこの垂直の岩壁に咲く場合はどうなんでしょう?


他の違いとして、チシマギキョウは花弁に線毛がありますが、

イワギキョウはそれがなくスッキリとしてます。



6:31 ピラミッドピーク着

49 ピラミッドピーク



振り返ると、独標の登山者を確認できます。

その後方に重なるのは霞沢岳(2,646m) 右奥に乗鞍岳(3,026m)

50 独標の登山者




途中のコルで花を見かけました。

まずは、「オンタデ」(御蓼)

木曾御嶽 で最初に発見されたことからこの名がついてます。

オンタデ


「ウラジロタデ」とよく似ていますが、分布域が異なるようです。

立山 や 針ノ木岳ではどちらも見られ、

白馬岳 ではウラジロタデのみ、

槍・穂高、乗鞍、中央アルプスではオンタデのみが見られるらしい。


また、ウラジロタデの葉の裏には綿毛が多いため白く見えますが、

オンタデではそれが少なく淡緑色に見えます。




次は、「ヨツバシオガマ」(四葉塩竈)

葉が茎の節ごとに4つずつ輪生しています。

IMGP3513.jpg




そして、「ウサギギク」(兎菊)

53 ウサギギク


葉の形がウサギの耳に似ている事から、この名があります。

・・・って、葉は写ってないですね。m(__)m


その辺のプランターから持ってきたような感じで、

プチ・ヒマワリと言った風です。




さて最後の急な岩場を登ります。

IMGP3516.jpg



7:15 西穂高岳(2,909m)に到着しました。

55 西穂高



ここまで来ると、ジャンダルム(3,163m)をハッキリ捉えることができます。

その上に立つ登山者の姿も確認できます。

そして右奥には、奥穂高岳(3,190m)。。。

ジャンダルム~奥穂高




さらに左に目を向けると、天を衝く特徴的なピーク。

槍ヶ岳(3,180m)です。

明日は、この 槍ヶ岳 まで行きたいところだが・・・

57 槍ヶ岳



とりあえず今日は 奥穂高岳 を目指して、ここからが本番です。

今のところ雨は止んでるし、このまま天気がもってくれれば良いけど・・・



 (西穂高岳~間天のコル へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Cobucim | URL | PacgmPkk

    Re: 西穂・奥穂縦走 2009 Vol. 2 「西穂山荘~西穂高岳」

    天気があんまり良くなかったですね。
    私も西穂から先に行ってないです。できたら行きたい。
    参考にさせてもらいます。
    どきちどきします。

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 西穂・奥穂縦走 2009 Vol. 2 「西穂山荘~西穂高岳」

    こんばんは~

    凄い虹ですね。なんだか絵にかいたみたい。
    こんな風景を間近で見られるから登山はやめられませんね。

    レインウェアーを着たり脱いだりが大変ですね。
    そのたびザックを下ろしレインウェアーに着替える。
    収納も大変だし。登山時の雨はイヤですね。

  3. しーびー子 | URL | HfMzn2gY

    Re: 西穂・奥穂縦走 2009 Vol. 2 「西穂山荘~西穂高岳」

    こんばんは

    Wレインボーはハワイで幸せが訪れる?
    幸せをもたらす?
    のよい虹です
    山頂で見る虹はまた格別でしょうね(●^o^●)

  4. くにみつ | URL | -

    Re: 西穂・奥穂縦走 2009 Vol. 2 「西穂山荘~西穂高岳」

    くーーっ!
    やっぱりいいな~。
    再チャレンジします。

  5. TONO | URL | -

    Cobucim さんへ

    こんばんは
    昨年は梅雨明けしない夏でしたので、
    天気はいまいちでした。
    例年なら一番晴れるところなんですけど・・・
    まあ天気は運もありますものね。
    今年もチャンスがあれば歩きたいルートです。

  6. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    普段でも虹を見るとハッピーな感じがしますが、
    山で見ると一層その思いが強いですよね。

    雨具の着脱は面倒くさいです。
    上は良いんですが、下は靴を脱がないといけないので
    時間もかかるし頻回になると嫌になります。
    でも脱がないと蒸し暑いし・・・

  7. TONO | URL | -

    しーびー子さんへ

    こんばんは
    Wレインボーは幸せをもたらす虹なんですか~
    見たとき凄く良いことがありそうな気がしたんですよね♪
    そのお陰で無事縦走できました。(^^)
    山の上で見る虹は普段見る虹以上に奇麗です。


  8. TONO | URL | -

    くにみつ さんへ

    こんばんは
    西穂・奥穂縦走・・・良いですよね~
    ハードだけど充実感、達成感、爽快感は最高です。
    私もいずれ再度歩きたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/68-ed0b6974
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。