スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 北ア最奥の秘湯を目指して Vol.2

2010年08月07日 07:20

2010.7.30(金)

この日は、"新穂高温泉" から "三俣山荘" まで、コースタイム9時間半の長丁場。

Vol. 2では、1日目後半の "三俣山荘" までです。


駐車場(5:22)~(5:30)新穂高温泉(5:38)~(6:50)わさび平小屋(7:07)~

(10:33)鏡平山荘(10:06)~(11:32)弓折乗越~(12:47)双六小屋(13:01)~

(13:48)三俣峠 ~ (15:06)三俣山荘









天気がいまひとつな中、"鏡平山荘" まで上がって来た二人。

山荘前のテラスでガッツリ休憩しました。


IMGP9817.jpg

  10:33 そろそろ行かないと。

  でも天気が悪いので、

  どうしても気合が入りませんねぇ。



IMGP9827.jpg

"弓折乗越" へ向う道沿いにも

花がたくさん咲いています。


"深山金鳳花"(ミヤマキンポウゲ)



IMGP9824.jpg

  "黒百合"(クロユリ)

  魔女みたいですよね~



IMGP9832.jpg


"郡内風露"(グンナイフウロ)

今回見たのは色が薄いものでした。


IMGP9835.jpg

  "四葉塩竈"(ヨツバシオガマ)

  葉が四枚輪生しているのが分ります。

  スッと背が高いので、

  他のシオガマとは区別が付きます。



IMGP9821.jpg

"稚児車"(チングルマ)

色んな場所で群生してました。

花が終わった後の実も良いですよね。


IMG_1684.jpg


  "信濃金梅"(シナノキンバイ)

  ややオレンジがかった大きな花。


IMGP9837.jpg


"小梅草"(コバイケイソウ)

これも群生してました。



IMGP9839.jpg


  11:32 "弓折乗越"

  ここにはベンチが置かれ、

  槍穂高連峰の展望が
  
  素晴らしい所ですが・・・



IMGP9842.jpg

"深山大文字草"(ミヤマダイモンジソウ)

可愛い花ですよね。

名前は見たまんまですが。(笑)



IMGP9845.jpg


  "白山風路"(ハクサンフウロ)

  お馴染みの花ですね。



IMGP9846.jpg

塩釜の競演。

"蝦夷塩釜"(エゾシオガマ)

隣に "四葉塩釜"(ヨツバシオガマ)



IMGP9848.jpg


  "兎菊"(ウサギギク)

  葉が兎の耳に似ています。



IMGP9849.jpg


"深山金梅"(ミヤマキンバイ)

似たような黄色い花が多いです。




11:56 雪田を抜けます。

ひんやりとした空気が漂っています。

IMG_1691.jpg



12:00 "花見平"


ここに来るまでにも、途中でお花畑は見かけましたが、

ここが一番規模が大きくて見応えがあります。


一面に花が咲いてて、和んでしまう場所です。

IMG_1694.jpg
                        (でも・・ピンボケなんですよね・・・)



IMG_1697.jpg



"信濃金梅"(シナノキンバイ)

そして "白山一華"(ハクサンイチゲ)


IMG_1698.jpg


  この両者は、

  一緒にお花畑を

  形成してました。


IMGP9856.jpg


"深山竜胆"(ミヤママリンドウ)

可憐な美しさです。



IMGP9853.jpg


  "石楠花"(シャクナゲ)

  下では既に花期が過ぎてますね。



IMGP9855.jpg


"苔桃"(コケモモ)



IMGP9859.jpg


  "青の栂桜"(アオノツガザクラ)



IMG_1702.jpg


"鳥兜"(トリカブト)



IMGP9861.jpg


  "岩爪草"(イワツメクサ)



IMGP9860.jpg




12:19 "くろゆりベンチ"


名前ほど咲いてないけど・・・



IMG_1696.jpg

  おっ!
  
  密集したクロユリ発見。




小さなアップダウンを繰り返して稜線上を進みます。

やがて、 "双六岳"(右)と "樅沢岳"(左)との間に赤い屋根。

12:29 "双六小屋" が見えた!

IMG_1703.jpg
                   (前を行くのは礼儀正しい高校生のパーティー)


この日初めての青い空です!

やっぱり、青空は良いですね~♪

IMG_1706.jpg


小屋の手前に池がありました。

"双六池" です。

IMG_1707.jpg



池の畔はハクサンイチゲのお花畑。

IMG_1711.jpg


IMG_1713.jpg



魔女も見かけました。(笑)



IMG_1714.jpg


  12:47 "双六小屋" に着いた~




生ビール 片手に寛ぐ人も見かけます。

良いな~ もうここで宿泊したいところです。

でも明日、秘湯に入る時間を作るには、この日に行ける所まで行っておかないと。



13:01 さて、もう一つ先まで行きますか。

IMG_1716.jpg


IMGP9866.jpg

ハイマツの中の

登山道を上ります。




13:19 "双六岳" への "直登ルート" と "巻き道ルート" の分岐部。


"双六岳" ~ "三俣蓮華岳" にも行って見たいですが、

ガスで展望はないだろうし、もう体力的にもキツイ。


時間的に最短の "巻き道" を通る予定でしたが・・・

おやっ、何か書いてあります。

IMG_1721.jpg


残雪が多いので軽アイゼンを持ってない人は、"中道コース" を行けって事か。

アイゼンは持ってきてないし・・・


でも本当に通れないのかなぁ・・・

悩んでいると、巻き道の方から登山者が。

聞くとアイゼンは全然要らない状態とのこと。

じゃあ、巻き道を行きましょう。

P1000431.jpg


IMGP9869.jpg


"千島桔梗"(チシマギキョウ)

花冠に細かい毛がありました。



IMGP9871.jpg


  "稚児車"(チングルマ)

  この辺りでたくさん見ました。




途中に何箇所か残雪がありましたが、特に問題なく通過できました。

IMG_1727.jpg



IMG_1735.jpg

13:48 "三俣峠"


もうヘロヘロ。

でも峠って事は・・・

これからは下りだよね。




IMG_1738.jpg
  

  惰性で歩き続けると、

  「殿さま~! 小屋が見えたよ~♪」

  目的の小屋が見えると、元気になります。



IMG_1739.jpg


15:06 "三俣山荘" に到着。

小ぢんまりした小屋です。

小屋の前ではビール片手に

登山者が数名休憩中。




ここまで歩いて来る間、ほとんど人に会わなかったし、

「さぞかし小屋は空いているだろう」と思いきや・・・

入口に下がるホワイトボードにはこんな文字が。



本日 "三俣山荘" "水晶小屋" ともに大混雑します。

皆様の御理解と御協力をお願いします。



えっ~、マジすか~!!

混んでるんだ・・・ (‥;



IMGP9876.jpg
  大混雑した小屋は、

  布団1枚に二人の状態。

  しかもこの布団、

  通常より幅が狭い。

  普通の2/3くらいか。



IMG_1740.jpg


ビールでホッと一息。

エビスが置いてありました。



IMG_1742.jpg


  姫は居眠り状態。

  朝早かったし、疲れたよね。



IMGP9875.jpg

17:10 食堂です。

50代~60代が多いですね。

この日はハンバーグでした。


(途中で撮ったので、食べかけ状態になってます ^^ゞ)




夕食後はやることもなく、布団に潜り込みます。


この後にも続々と団体が到着してましたが、

ラッキーなことに横に誰も入らなかったので、

比較的広く空間を使って寝ることができました。



明日は晴れるかな・・・1日目が終了です。


 (2日目 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. くにみつ | URL | -

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 2

    初コメント?ですね
    楽しみに閲覧させてもらっています。
    すばらしい山行ですね、羨ましいです!
     お盆には、奥さんと新穂高温泉泊まり~西穂独標までのハイキングに行きます。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 2

    こんにちわ。
    確かに遠そうですね。
    健脚なお二人でもヘロヘロとは、、、
    天気が良ければ疲れも減るんでしょうね。
    続きを楽しみにしてます(^o^)/

  4. じもら~ | URL | -

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 2

    いつか、行こうと思っているルートっぽいです(^.^)
    楽しみに拝見しています。

  5. TONO | URL | -

    くにみつさんへ

    こんばんは
    くにみつさん・・・
    お名前に覚えがあるんですが・・・
    初コメでしたか・・・

    新穂高温泉宿泊して、翌日西穂独標までですか~♪
    新穂高温泉は良い宿がたくさんありますから、
    楽しみですよね。
    西穂独標はお天気が良ければ良いですね。(^^)
    私は昨日、前穂に日帰りで行ってきました。
    西穂独標もよく見えましたよ。

  6. TONO | URL | -

    kitaさんへ

    こんばんは
    はい、ここは遠いです。
    1ヶ月ぶりの山だったので、かなり堪えました。
    展望があれば疲れも紛れるんですが、
    ほとんでガスでしたから・・・
    でも花はけっこう見れたので良かったです。(^^)

  7. TONO | URL | -

    じもら~さんへ

    こんばんは
    4日間の夏休み。
    普段行けないところに行こうと、
    高天原温泉~雲の平にしました。
    裏剣も行きたかったんですけど、、、
    今回は昨年から狙っていたこっちにしました。(^^)

  8. TONO | URL | -

    M&Nさんへ

    こんばんは
    山小屋は混まなきゃ最高なんですけど・・・
    週末とか連休とかは間違いなく混んでますからね~
    プライベート空間を確保するにはテント泊という事になるんでしょうが、
    荷物が重くなると動けませんからねぇ。(^^;
    中年に分類される私たち二人のモットーは、
    小屋泊まりでライト&ファストです。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/77-a003121a
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。