スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 北ア最奥の秘湯を目指して Vol.5

2010年08月14日 18:00

2010.7.31(土)

Vol. 5では、2日目のクライマックス "高天原温泉" での入浴です。


三俣山荘(6:18)~(7:22)鷲羽岳(7:27)~(8:18)ワリモ北分岐~

(9:02)水晶小屋(9:44)~(10:18)水晶岳(11:01)~(12:02)温泉沢ノ頭~

(14:04)高天原温泉(14:49) ~ (15:08)高天原山荘






"温泉沢ノ頭" から下り、沢を辿って "高天原温泉" を視界に捕らえました。


この日、温泉沢を下ってくる間、誰にも会いませんでしたが、

普段からこの沢を降りる人はあまりいない様子。

温泉の前にたむろする登山者の注目を浴びてしまいました。 (*^^*)



沢の左岸を歩いていくと、 「あっ! こんな所にも湯船がある♪」

コバルトブルーのお湯を湛えた小さな湯船がありました。

手を入れて確認すると、なかなか良い温度です。

IMG_1879.jpg



そしてそのすぐ先にも湯船が。

今度は先ほどと色が異なります。

IMG_1880.jpg



入ってみたかったんですが・・・

いずれの湯船も、沢のすぐ向こう側にいる登山者から丸見え状態です。

注目浴びてるだけに、さすがに入りにくいな~ (^^;

IMG_1881.jpg



で取り合えず、メインの混浴の湯船に向います。

IMG_1882.jpg


橋を渡って沢の右岸に行くと、

風呂上りの登山者が数人涼んでいました。

川で洗った下着やタオルが岩の上に干してあります。



女子風呂は一段高い場所にあり、周囲を塀で完全に覆われていました。

上流の方には男子風呂もあるようですが、湯温がかなり低いとのこと。

IMG_1883.jpg



メインはこの混浴の湯船です。

青白い濁り湯を湛えた湯船が、見る者を誘います。

IMG_1885.jpg


おっ~! ケロリン桶が積まれてます。

こんな山奥でケロリンと遭遇するとは思わなかったです。 (^^;



姫は先に女子風呂で汗を流してから、混浴の風呂に入ると。

TONOが服を脱いでいると、70歳前後の方と一緒になりました。

この爺さん、何でも "百名山" を全部登ったそうな。



IMG_1886.jpg
掛け湯をして湯船に浸かりました。

TONO好みの適温の湯です。

硫黄の香りに包まれ気持ち良い~♪

山歩きの疲れが溶け出していきます。





爺さんが風呂から上がり服を着ている時に、ちょうど姫がやって来ました。

姫は脱衣所の隅でササッと服を脱ぐと湯船にチャポン。

IMG_1887.jpg



それを見たこの爺さん、再び服を脱いで湯船に入ってきました。

「いや~、ご婦人と一緒に風呂に入れるなんて、光栄ですな~」

・・・と、満面の笑み。 実に嬉しそうでした。 (^^;



しばらくすると人が多くなってきました。

IMG_1890.jpg


湯船に向かってすぐ左が、屋根付きの脱衣所になっています。

これは女の人は入りにくいですよね~ (^^;

この湯船では、姫以外の女の人は見ませんでした。



熱くなった姫は、浴槽の縁に腰掛けていつもの涼みポーズですが・・・

IMG_1894.jpg


手を伸ばせば届く所で、一人が着替え中。

で、湯船の手前側には男の人が3~4人入っております。

う~ん、凄い状況だ。 (^^;



後から入ってきた方からの情報によると、これから団体がやってくるらしい。

どうしようもなく混む前に上がりますか。

姫はササッと服を着ると、唖然とする男達の前から去っていきました。(笑)

IMG_1895.jpg


風呂に入って折角サッパリしたところですが、

これから山荘までは、15分ほど山道を歩かなくてはいけません。

履きたくないですが、仕方がない・・・

また靴下を着け、登山靴を履きます。


14:49 さて山荘に向いましょう。

IMG_1896.jpg
                          (さすがにタイツは脱いで生足です ^^ゞ)


橋を渡り河原を少し進むと、すぐに左の山道に入って行きます。

ここから山荘まで上りです。

風呂上りなのにまた汗かいちゃうな・・・


IMG_1899.jpg
道端にアカモノ(赤物)が

咲いてました。

赤い鍔と白い花弁、

緑の葉のコントラストが目を引きます。




IMG_1901.jpg

最後の上り坂を行きます。

2組の団体さんとすれ違います。

総勢15~20人くらい居たかな・・・

早めに出てきて良かった。





15:08 高天原山荘に着きました。

ん・・・目の錯覚!? トリックアートか? 空間に歪みが!

IMG_1903_20100811224727.jpg


山荘の屋根が曲がってます。

この辺は雪の多いところらしいので、雪の重さで歪んでしまったのでしょうか。

当然ながら外見だけでなく、小屋の中も曲がってました。



受付をして部屋を案内されます。

「今日は混むので3枚の布団を4人で使って下さい」 とのこと。

IMG_1918.jpg


2段ベッドの下の空間(3畳)を、他のご夫婦と4人で使わせて頂きました。

これくらいなら広さ的には十分ですが、ここは "トリックアートの館" ・・・

この空間自体も傾いていて、寝ると右側が下がって違和感ありありです。 (^^;




IMG_1909-1.jpg
さて荷物を整理して、

テラスにビールを

飲みに出かけました。

乾いた喉にビールが美味い!!





団体が風呂に行って出払っているので、比較的空いてます。

IMG_1911.jpg
                     (姫はいつものように暑中見舞いを書いてます)


いつしか上のガスも取れて、"水晶岳" がその姿を見せていました。

IMG_1912.jpg



16:30 宿にランプが灯りました。

ここは正真正銘のランプの宿。

オイルランプの暖かい光が、辺りをボ~ッと照らします。

IMG_1916.jpg



IMG_1919.jpg

夕食前の空いた時間を、

姫は本を読んで過ごしていました。

TONOは明日のコースの下調べです。




17:30 夕飯です。

山奥ですからね~

そう豪華なものは出るわけもありません。 (^^;

IMG_1920.jpg




夕食を終えて部屋に戻ります。

結局その部屋の2段ベッドの上には誰も入りませんでした。

上に入れちゃうと小屋が倒壊するとか!?

それは冗談としても、いずれは建て直しが必要だよね。



さて明日はいよいよ "雲ノ平" だ。

地図を見ると、いろんな国の名前が付いた庭園があるみたいだけど、

一体どんな所なんだろう。。。

朝からスッキリと晴れてくれないかなぁ。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    さすがです・・姫さん(^^)

    TONOさん こんばんは。

    2日間の道のり・・辿り着いた秘湯・・良いっね(^^)

    1度服をきた爺さん・・また、服を脱いで、入浴??
    おぃおぃ(^^;って感じですね。
    しかし、周りにオヤジ連中のいる中・・・
    いつもの休憩ポーズの姫さん・・さすがです(^^)

    白濁して良い感じの湯・・
    長旅(山行)の疲れを癒す素晴らしい湯ですね。

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 5

    こんにちは~

    登山後の湯浴み、なかなか気持ちいいですよね。
    登山の汗を洗い流しサッパリ、
    僕は今日、トムラウシ山から下山
    そのまま温泉2件をハシゴ、気持ちよかったです。
    2件目の温泉は、川を渡らなければいけない野湯
    増水しており流されそうになりました。

    3枚の布団を4人で使う?
    どのように使うのだろう?
    なんだかシェラフでも持って行った方が良さそうですね。

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 5

    おはようございます~(^^)

    山奥にある野趣あふれる秘湯最高に癒されますね‥(^。-)
    ほとんどの入浴者が男性でその中で入っている姫さん
    勇気ありますね‥(--;)
    しかも男性から熱い視線をあびて‥
    でも一回着替えたおっさんがまた入って来るなんて
    目的が見え見えですね‥(--)

    それにしても白濁した硫黄泉は魅力いっぱいですね‥(^0^)

  4. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 5

    ついに 高天原の温泉 達成ですね! おめでとうございます。

    途中の野湯 いい感じですね。暗くなったら・・、朝一・・、で

    入ってみたい温泉ですね。とてもいい感じの温泉ですね。

  5. TONO | URL | -

    札幌温泉人 さんへ

    こんばんは
    少なくとも2日かけないと入る事ができない、
    おそらく日本で一番遠い温泉でしょう。
    秘湯中の秘湯と言っても過言ではない温泉ですが、
    あまりに人が多くて全く秘湯感はなかったです。(^^;
    こんな遠い所にツアーで来るんだ・・・みたいな。
    爺さんは本当に嬉しそうでしたよ。
    翌日も行く先々で一緒になって泊まった小屋も一緒でした。(^^)

  6. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    登山の汗を流せて気持ちよかったんですが、
    そこから山荘まで歩くうちにまた汗が・・・(^_^;
    まあどっちみち登山口に戻るまでに、
    また2日間歩くので汗だくになるんですけどね。
    3枚に4人寝るには、まず3枚の布団を敷いて、
    真ん中に使わない布団を細くたたんで仕切りにして、
    それぞれの側に分かれて寝ました。
    これぐらいスペースがあると、床が傾いてさえなければ快適です。(笑)

  7. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    こんな遠~い秘湯に何でこんなに人がいるの!?
    ・・・って感じでしたよ。(‥:
    男性の中で入った姫は、その後山荘でも噂になってました。(^^;
    「混浴の風呂で男の人ばかりの中で、女の人が一人で入ってたらしいよ~」って。
    でも開放的な山の露天風呂ですし、姫は全く意に介せずって感じでした。(^^ゞ
    一度着替えだした爺さんがまた入ってきたのには、えっ!?(ー_ー)でしたが、
    本当に嬉しそうだったので思わず笑ってしまいました。(^^)

  8. TONO | URL | -

    クロちゃんへ

    こんばんは
    はい、ついに目的の温泉に入湯です。
    もうここより遠い道のりの温泉はないでしょう。
    さすがに夜は真っ暗ですし、ちょっと入りに行くのは抵抗がありました。
    山荘から往復で30分くらいかかりますしね。
    早朝なら良いかも知れませんね。
    でも日程的に余裕がないとなかなか・・・
    朝から温泉に浸かるともう登る気がなくなっちゃいますし。(^^;
    本当は時間を気にせず、日程的に余裕を持って訪れたい所です。
    でも仕事をしてるうちは、なかなか厳しいですよね。

  9. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 5

    こんばんわ。
    結構人が居るんですねぇ、、、
    去年NHKの「北アルプス大縦走」で放映した
    影響もあるのかな?

    僕もいつかは行ってみたいです。
    その時は4泊は必要だな、と思いました。

  10. TONO | URL | dXmKtNGQ

    kitaさんへ

    おはようございます。
    そうなんですよ。
    思ったより混んでいてビックリしました。
    歩いてるとほとんど人に合わない静かな山行なので、
    誰もいない白濁の湯で山旅の疲れを癒す・・・
    なんてイメージだったんですけどね~
    夏山シーズンだから混んでるんですかねえ。
    kitaさんもいつか行かれる時は、
    時間的に余裕のある計画にした方が楽しめます。
    私もいつかまた、今度は時間に束縛されない状態で行ってみたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/81-377aa2c9
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。