スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 北ア最奥の秘湯を目指して Vol.8

2010年08月20日 06:00

2010.8.2(日)

Vol. 8は、4日目最終日、山を下ります。

前半は "双六小屋" から "鏡池" まで。


双六小屋(5:54) ~ (6:41)花見平(6:46) ~ (6:58)弓折乗越(7:01) ~

(7:10)弓折岳(7:15) ~ (7:22)弓折乗越 ~ (7:52)鏡平山荘(8:58) ~

(8:00)鏡池
(8:05) ~ (9:35)シシウドヶ原 ~ (10:37)秩父沢(10:55) ~

(11:34)わさび平小屋(12:16) ~ (12:59)新穂高温泉 ~ (14:52)駐車場





4:30 起床。 

山に行くと、何故かこの時間に自然と目が覚めます。

・・・あっ、これはTONOだけですよ。

当然ながら姫はまだ寝てますから、TONOが起こすんですけどね。 (^^;



IMG_2074-2.jpg
5:08 朝の閑散とした談話室で、

モーニング・コーヒーを頂きました。

この日は下山だけなので、

行動に余裕があります。





その後2回目の回で朝食を食べて、身支度を整えます。


・・・

・・・


この日は快晴です。

小屋の前からは、"鷲羽岳" が大きく翼を広げているのが見えました。

名は体を表すか・・・ "鷲羽岳" とはよく言ったもので、

本当に鷲が翼を広げているように見えます。

IMG_2077.jpg




5:54 "双六小屋" を後にして、下山開始。

右手には、お花畑に囲まれ静かに佇む "双六池"。

その奥には、弓折岳~抜戸岳~笠ヶ岳が、朝日を受けて輝いています。

今日は素晴らしい景色を見れそうだ。。。

IMG_2080.jpg




尾根に上がりました。

"槍穂" がシルエットとなって、その険しい稜線を見せつけます。

姫はあの稜線を歩きたくて仕方がない様子。 (^^;

IMG_2086.jpg




"槍穂" とは対照的に、なだらかな山容を見せる "双六岳"。

IMG_2088.jpg




"弓折岳~大ノマ岳~秩父岩~抜戸岳" と続く稜線が近づいてきました。

IMG_2094.jpg




そして振り返れば、"双六小屋" と "鷲羽岳" が遠ざかっていきます。

IMG_2091.jpg




"槍穂" の稜線とハクサンイチゲのお花畑。

IMG_2102.jpg



IMG_2099.jpg

素晴らしい稜線歩きです♪

行きはガスで分らなかったけど、

こんなに景色が良かったんだ~






6:41 "花見平" に着きました。

多くの登山者がそのお花畑に見入っています。

IMG_2103.jpg



"双六岳" をバックにお花畑が見事です。

・・・まさに雲上の楽園 ♥

IMGP9916.jpg




6:46 雪田を渡って先へ進みます。

これを見たオバサン達が、 「あらっ、山ガールが雪の上を歩いてくよ!」

・・・って、仲間内で話題になってました。(笑)


でも姫も40のおばさんですからね~

ガールと言うには、ちょっとねぇ・・・

IMG_2109.jpg
                             (40過ぎてますけど、何か?)




"花見平" からも稜線を辿っていきます。

写真の一番手前に見える小ピークから少し下ると "弓折乗越" となり、

そこで "鏡平" に向う道を左へ分けます。

斜面をトラバースする、"鏡平" へと下る登山道を確認できます。

IMG_2113-1.jpg



"弓折乗越" から稜線通しに進むと、その先のピークが "弓折岳"。

その影に "大ノマ乗越" があり、"大ノマ岳~秩父岩~抜戸岳" と続いていきます。



IMG_2114.jpg



おっ! 緑の空に紫の千鳥が飛んでいます。

ハクサンチドリ(白山千鳥)ですね。






眼下に "鏡平山荘" を見下ろします。

IMG_2115.jpg



IMG_2117.jpg


6:58 "弓折乗越" に着きました。

多くの登山者が休憩しています。




ちょっと休んでザックをデポし、"弓折岳" まで行ってみました。



7:10 "弓折岳" です。

ここからは "双六岳" の展望が良い。

もう "鷲羽岳" は、向って右の翼しか見えません。

IMG_2121.jpg



この先を下りれば、"大ノマ乗越"。

昨年歩いた "笠ヶ岳" への縦走路が続いていきます。

IMG_2119.jpg



IMG_2124.jpg

7:22 "弓折乗越" に戻り、

ザックを背負って、

"鏡平" へ下ります。





弓折乗越~鏡平に向う登山道にも、けっこう花が咲いています。


グンナイフウロ(郡内風路)

いつ見ても変わった構造してますよね~ (^^;

TONO的には、タカネグンナイフウロの透き通るような紫色が好きです ♥

IMG_2126.jpg




ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

こうして写真に撮ると、光沢があってプラスティックで出来た造花の様。

よく刺身に付いてくる、黄色い造花の質感に似てます。(笑)

IMGP9918.jpg




シナノキンバイ(信濃金梅)

他の黄色い花と比べると、大きくて立派です。

でもこの大きな "花弁" に見える部分は、実は "萼片" なんだそうな。

IMGP9921.jpg




クロユリ(黒百合)

魔女のスカートを下から覗いてみました。(笑)

IMGP9923.jpg




青空の下、緑の中にオレンジ色の瀟洒な佇まいが見えました。

手前の池がその姿を映し出しています。

7:52 "鏡平山荘" に到着です。

IMG_2138.jpg



売店の前には、かき氷とか、生ビールとか魅惑的な名前が並んでいます。

目の毒なので(笑)、トイレ休憩の後、すぐにこの先の "鏡池" に向いました。



8:00 "鏡池" です。

"鏡池" は "槍穂" の姿をその水面に映し出します。

shu-ranさんを真似て、写真を上下反転してみました。 (^^)v

上になってる部分が、水面に映る "逆さ槍" です♪

IMG_2146-2.jpg
               (クリックして拡大すると、"なんちゃって星空" の下の "槍穂" に見えます ^^)
                         

天気が良いと、花も、空も、景色も、そして気分も・・・最高ですね~


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 8

    おはようございます~(^^)

    絶景の稜線素敵ですね、こんな素晴らしい稜線を見ながら
    歩くとワクワクしますね‥(^-^)
    それに素晴らしい花たち綺麗ですね‥(*^.^*)
    姫さん皆さんに山ガールと呼ばれてるんですね‥(^^)
    そうそうTONOさんの方が早く目が覚めるの私達と同じ
    ですね‥(^^;)
    いつも『かん』は、私より1時間以上早く起きて時間になっ
    たら起こしてくれますよ‥(^。-)

  2. 札幌温泉人 | URL | -

    素晴らしいっす・・・

    TONOさん こんにちは。

    縦走すると・・絶景の稜線をみられるのですね(^^)
    見てみたい・・こんな素晴らしい風景を・・。

    花々も綺麗・・ 山ガール“姫さん”も、グゥ~(^^)

    山頂に立てなかった自分がコメントするのも、何だか(^^;)

    水面に映る "逆さ槍" ・・ 
    なんちゃって星空の下の "槍穂"・・
    確かに(^^)そう見える・・  

  3. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    山の景色は天気次第ですよね。
    どんなに素晴らしい所に行っても、
    ガスに包まれればどこを歩いても一緒ですし・・・
    急にガスが取れると、「こんな絶景だったんだ~!」
    と逆に感動することもありますし。
    雲の存在が高度感を一層感じさせてくれることもあります。
    山という非日常の世界で体験することはやはり素晴らしいです。

    ゆぅかんさんのところも "かん" さんが早く起きるんですね。(笑)

  4. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんばんは
    縦走しなくても山頂に立てば素晴らしい景色が見れます。
    もちろん縦走すればもっと新鮮な景色に出会えますよ。
    ただ天気次第ではありますが・・・
    天気の良い日に是非この景色を自分の目で見て下さい。
    人生が変わるとまでは言いませんが、
    また行きたくなりますよ。(^^)

    逆さ槍はちょっとだけ星空に見えますよね。(^^ゞ

  5. たくぞー | URL | LWB8Ov9k

    はじめまして

    今年の春、山デビューしたばかりの新参者です。
    初夏にかけて関東の低山をいくつか登り、半月前に富士山に登りました。すっかり山の楽しさにはまってしまいました。
    ちなみにほぼ同い年のようです(笑)

    今年の秋、彼女と大菩薩嶺~裂石に行くために、付近の混浴温泉等と併せて検索したところ、こちらのブログを拝見しました。

    今回の北アルプスの記事、とてもワクワクしながら読ませていただいてます。
    歳が歳なんで(笑)そう遠くないうちに、わたしもアルプスにチャレンジしたいと思ってました。とても参考になります。

    今後も楽しみに拝見させていただきます!

  6. くにみつ | URL | -

    うちの

    うちの奥さん50をだいぶ過ぎていますが、
     姫様と同じようか格好してますが・・・何か?WW
    殿さんの文章、流れ、自分が山行しているみたいで楽しいです!
    アップしてないかな?などといつもチェックしてしましますよ。

  7. Cobucim | URL | -

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 8

    いつ見ても山はきれいだ、生き生きしている。姫さん、年関係なくかっこよろしい。
    写真はいつも殿さんが撮ってられるのですか。これも宜しい。
    お二人揃っての山行、うらやましいですな。

  8. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 8

    こんにちは~

    姫さん どう見ても山ガールにしか見えません。
    山歩きが趣味なので、スリム体型を維持出来るのかな。

    今年は、山スカを結構見かけました。
    実物を見ると なかなかいい感じで感動しました(笑)

  9. TONO | URL | -

    たくぞー さんへ

    こんにちは
    初めまして(^^)
    山は楽しいですよね~♪
    私たちが山を始めたのは8年前でした。
    やはり近くの低山にちょっと登って、その後富士山へ・・・
    そうしてどんどん山の魅力にハマっていきました。
    北アルプスの登山道はきちんと整備されてますし、
    山小屋も多いので自分のペースの計画を立てやすいと思います。
    私と同い年くらいならまだまだ若い。(笑)
    是非チャレンジされて下さい。(^^)v


  10. TONO | URL | -

    くにみつ さんへ

    こんにちは
    くにみつさんの奥様も山スカですか~(^^)
    女性はいくつになっても可愛くありたいものなんですね ♥
    姫も50になっても山スカで行くと思います。(笑)
    そういえば以前のコメントで、
    お盆に西穂独標にハイキングに行かれるとお聞きしましたが、
    お天気はいかがでしたか?

  11. TONO | URL | -

    Cobucim さんへ

    こんにちは
    山は素晴らしいですよね。
    そこに行かなければ決して体験できない感動を与えて貰ってます。
    写真はほとんど私が撮っていますが、
    姫も心が動いたときにカメラを向けたくなるみたいです。
    最初から二人で始めた山ですので、
    いつまでも二人で登れれば良いな~と思っております。(^^)

  12. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんにちは
    今年は山スカが大流行ですね。
    山ガールなる言葉もいつの間にか定着しましたよね。(^^;
    ファッションだけで機能的にはどうなの?と言われる山スカですが、
    姫が言うには巻きスカートの山スカは、
    大きく脚を出しても脚の動きが制限されないので、
    岩場なんかでも非常に登りやすいんだそうです。
    それと着替える時が非常に簡単で、
    一度穿いたら止められないとの事です。(^^ゞ

  13. くにみつ | URL | -

    西穂

    西穂ですが、水明館佳留萱山荘に一泊してのんびりと西穂の計画でした。が、
     雨にたたられてしまい、ロープーウェイで山頂駅までは行きましたが、少し遊んで引き返してきました。
    結局温泉廻りりになってしましました。沢渡温泉、新穂高温泉(佳留萱山荘)泊まり、 2日目そのまま帰るのも悔しかったので、白骨温泉に寄ってから赤石温泉にもう一泊しました。
    混浴温泉2泊3日の旅行でした。
    秋に息子の結婚式がありますので、それが終わったら西穂再挑戦の予定です!

  14. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 北ア最奥の秘湯を目指して Vol. 8

    今の40代は侮れませんよね?(笑)
    僕等夫婦も多分TONOさんと同じ年だと思う
    んですけど、若いですよ~(自称)
    嫁は全力で年齢に逆らってます。。。

    山のほうですが、裏銀座の山容も僕は
    大好きですね~。
    まだ行けてないけどTONOさんのレポは
    本当に参考になります。

  15. TONO | URL | -

    くにみつ さんへ

    こんばんは
    今年の夏は梅雨明けとともに猛暑爆発でしたが、
    お盆の時期だけ天気がいまひとつでしたよね。
    西穂は雨でしたか・・・それは残念でした。
    でもその代わり混浴三昧の旅でしたね。
    沢渡~刈萱山荘~白骨~赤石。。。
    いずれも入湯しただけに親近感が湧いちゃいます♪

    息子さんの結婚式・・楽しみですね。(^^)


  16. TONO | URL | -

    kita さんへ

    こんばんは
    40代も色々ですからね~
    歳をとるほど、個人差が大きいですよね。
    私は年齢相応よりやや若く見えるかな。(^^ゞ
    で姫はと言うと、年齢を言うと皆さんひどく驚きます。
    kitaさんの奥様同様、相当年齢に逆らった格好してますから。(笑)

    この記事が、kitaさんがいつか行かれる時の参考になれば幸いです。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/84-cc0b1744
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。