スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 絶景!前穂高 Vol.3

2010年09月09日 18:00

2010.8.8(日)

上高地から "岳沢" を経て、"紀美子平" に到着した二人。

展望の良い "紀美子平" ですが、アジア隣人の団体が騒々しい。

・・・そこで前穂の山頂でお昼にすることに。

IMG_2408-1.jpg



"前穂の肩" とでも言うべき位置にある "紀美子平"。

ザックをデポして "前穂" をピストンする人が多いのですが、

今回は大して重いザックじゃないし、お弁当も持って行くので、

ザックは背負ったまま山頂を目指す事に。




11:37 大きな岩が重なり合う、急な "前穂" へのルートを行きます。

IMG_2423.jpg



"吊尾根" に付けられた狭いルートが見えてきました。

IMG_2411.jpg



さらに上に登ると、"吊尾根" の向こうに

"涸沢岳" ~ "北穂" の稜線、そしてその奥に "槍ヶ岳"。

IMG_2425.jpg


ここまで来なければ見れない、吊尾根越しの槍穂。

・・・素晴らしいです。





IMGP9970.jpg

岩場ばかりの殺伐とした景色に、

可憐な花が色を添えてくれます。


イワギキョウ(岩桔梗)



IMG_2427.jpg




  ミヤマダイコンソウ(深山大根草)




IMG_2428.jpg




ヨツバシオガマ(四葉塩釜)






先に進みましょう。

後方には、"岳沢" から一気に標高を上げる "重太郎新道"。

このルートは、やっぱ気持ち良い~ ♥

P1000560.jpg



振り返るとそこに西穂~奥穂のギザギザの稜線。

・・・見とれて先に進めません。(^^;

P1000561.jpg




12:05 前穂山頂(3,090m)に到着。

3~4人のクライマーが、岩登りの緊張から開放され寛いでました。

IMG_2436_20100907174607.jpg



この頂には、何と "一等三角点" があったんだ~

いつもガスガスの山頂だったので、全然気付かなかった。 (^^ゞ

IMG_2461.jpg



さて、南北に細長い前穂のピーク。

二人は、一番 "涸沢" 寄りでお昼にしました。



自分の目の高さに槍・穂高連峰が並んでいます。

P1000565.jpg



そして眼下には "涸沢カール" が一望です。

IMG_2439_20100907182007.jpg
                               (カールの底に "涸沢ヒュッテ" と "涸沢小屋")


ガスがないと "前穂" ってこんなに景色良いんだ~!!

何度目の正直かな・・・やっとこのパノラマが見れた。

ちょっと感動。。。



お昼を食べながら、じっくりとこの景色を堪能します。

"吊尾根" の上高地側をトラバース気味に行く登山道。

IMG_2446.jpg
                            ("白出のコル" に建つ "穂高岳山荘" がわかります)


そして登山道が突き上げたピークは "奥穂高岳"。

IMG_2441.jpg


奥穂の山頂には数人の登山者。

向こうからもこっちが見えてるかな・・・



そしてジャンダルムの上にも登山者の影が。

良いな~♪ 今日はきっと大パノラマのジャンダルムだね。

IMG_2442.jpg



この絶景を見ながらのランチ♪

どんなレストランも敵いません。。。



"白出のコル" に建つ "穂高岳山荘"。

"北穂" の山頂直下に建つ "北穂小屋" 、槍の肩に建つ "槍ヶ岳山荘"。

IMG_2448.jpg
                             (左:北穂小屋  右:槍ヶ岳山荘)

こうしてあらためて見ると、"北穂沢" って急だわさ・・・



槍から伸びる "東鎌尾根" に建つ "ヒュッテ大槍"。

尾根からちょっと下がった所に "殺傷ヒュッテ"。

IMG_2450.jpg
                  (左:槍ヶ岳山荘  中:殺傷ヒュッテ  右:ヒュッテ大槍)



そして眼下には "涸沢ヒュッテ" と "涸沢小屋"。

さすがに人気の槍穂高・・・山小屋も多いです。



"屏風の頭" の向こうに "大天井岳" ~ "常念岳"。

手前に "前穂北尾根" を登るクライマー。

IMG_2452.jpg




東側の下方に視線を移すと・・・おっ! あんな所に池が見えます。

IMG_2453.jpg


あれが、"奥又白池" か~

チャンスがあれば行ってみたい。。。



いつしか "前穂" の山頂に人影はありません。

山頂の向こうに浮かぶ表情豊かな雲。。。

ここか高い場所である事を、あらためて認識させてくれます。

IMG_2457.jpg


・・・さてそろそろ戻りますか。


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 絶景!前穂高 Vol. 3

    こんばんは~(^^)

    アジア人と日本人の数が3対3で同数ですね、でもTONOさん
    入れれば4対3か‥(^^;)
    登山にまでアジア人進出なんですね‥(--;)
    それにしても鋭い稜線が続きますね‥(--;)
    稜線を見てると何だか足が震えます‥(@。@;)
    しかし北穂小屋も槍ヶ岳山荘もあんな所に建って
    るんですね、怖いですね‥(--;)

    凄い山達ですね、憧れますが登る自信はありません‥(;。;)

  2. 札幌温泉人 | URL | -

    凄い・・・

    TONOさん こんばんは。

    すっごい絶景のオンパレード(^^)
    特に、目の高さには、槍・穂高連峰・・・
    カールの底に "涸沢ヒュッテ" と "涸沢小屋"・・・
    まるで、絵画のように見えます。

    凄い・・ こんな景色を自分の目で見てみたい。

  3. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 絶景!前穂高 Vol. 3

    >ガスがないと "前穂" ってこんなに景色良いんだ~!!

    私が行ったときも、ガスガスで 1mぐらいしか視界がなく
    びくびくしながら 岩りょう帯の細い登山道を歩いた覚えがあります。
    こんなすばらしい展望が隠れていたのですね。うらやまし~です。

    また、行ってみたいと思いますが 前穂から岳沢の下りは苦しかった。

    >・・さてそろそろ戻りますか。  ・・。

    どのコースを行かれるのでしょうか?すでにハードな登りで
    相当疲れているはずなのに・・。

  4. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 絶景!前穂高 Vol. 3

    こりゃ行くしかないですね(笑)
    今年中に絶対行こうと決めました。

  5. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    アジアの隣人たちは写真では3人ですが、
    写ってないところにもっと大勢います。(^^;
    あの方達、普通に話してるんでしょうけど、
    傍から聞くともの凄くうるさいんですよね。
    最近は槍穂の稜線にもアジアの隣人達は出没してます。

    北穂小屋も槍ヶ岳山荘も険しい稜線は通らずに行くルートもあります。
    この辺りは登山道もきちんと整備されてますし、
    見た目よりずっと登山者に優しいですよ。(^^)

  6. TONO | URL | -

    札幌温泉人 さんへ

    こんばんは
    良い景色ですよね~
    自分の目の高さに広がる槍穂の稜線は感動もんです。
    そして切れ落ちた足元には残雪の涸沢カール。。。
    温泉人さんが言う様にまさに絵画のようでしたよ。(^^)

  7. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 絶景!前穂高 Vol. 3

    こんばんは~

    なんだか凄い場所に、沢山の山小屋があるのですね。
    北海道には山小屋が少ない、あっても無人なので、
    テント装備まで必要になるので、ザックが重くなります。
    山小屋が沢山あるなんて羨ましいです。

  8. TONO | URL | -

    クロちゃんへ

    こんばんは
    前穂って実は絶景の山なんですよね。
    一等三角点もあるし。
    私達も今回登って初めてこのパノラマを見ることができました。
    帰りも重太郎新道ですよ。
    上りに比べれば楽チンです。(^^v

  9. TONO | URL | -

    kitaさんへ

    こんばんは
    晴れた日を選んで是非登ってみて下さい。
    上高地からの日帰りはややハードですが、
    自宅から上高地までは断然近いところに住んでるんですから、
    朝一で上高地に入れば楽勝でしょう。(^^v
    途中の岳沢小屋で休憩も出来ますし、
    きっと充実した山行になりますよ。

  10. TONO | URL | -

    露天風呂マニア さんへ

    こんばんは
    槍穂高エリアは人気の山域なので、
    山小屋は多いですし、登山道もきちんと整備されていて、
    登山者には優しいところです。
    おかげでザックは必要最低限の物を詰めて、
    身軽に行動できます。
    小屋がないとテント、食料、水と一気にザックが重くなりますものね。
    そういう点では、山小屋の多い北アルプスは
    誰にでも門戸を開いてると言えるでしょうね。
    私達はその恩恵を十分に享受して山に登ってます。(^^ゞ

  11. しょもも | URL | -

    Re: 絶景!前穂高 Vol. 3

    こんにちは。
    「おそらく日本人」の右向きの矢印は怒られませんか?(笑

    吊尾根越しの槍穂、いいですね~。
    前穂は穂高と名のつくピークで唯一残っている場所なので、今年か
    来年には行きたいです。
    ここなら日帰りで行けますもんね。

    あと北穂沢の急っぷりがよく分かりますね。
    GWのお互いの山行が思い出されます。

  12. TONO | URL | -

    しょもも さんへ

    こんにちは
    実はまだこの記事は姫に見せていません・・・
    確かに見たら怒られるかな。(^^ゞ

    吊尾根越しの槍穂が見えるポイントは、
    ここ以外ないんじゃないでしょうか。
    ピークは一等三角点が設置されてるだけあって、
    本当に素晴らしい景色でした。
    非日常的な景色が見れますよ。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/91-32961867
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。