スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 剱岳 Vol.4 恐怖!雨のタテバイ

2010年09月23日 00:00

2009.9.23(水)  剱岳 2日目 「前剱~剱岳」


9:34 前剱からガスの中を下って行きます。

IMGP4585.jpg


この先で登下降路が分かれます。



9:36 建築現場にあるような、鉄の一本橋が出てきました。

IMGP4586.jpg


左右は吸い込まれそうな断崖絶壁です。 (゚◇゚)

風が強かったらけっこう恐怖かも。

左下を覗き込むと下降ルートが通っていました。



バランスを取りながら慎重に渡ると、続いて絶壁のトラバース。

P1050965.jpg


ここが剱の最初の洗礼です。

岩も鎖も滑るし、このガスの中でも高度感があります。 ( ̄_ ̄ i)タラー



20mのトラバースの後は、岩場を下っていきます。

IMGP4589.jpg



9:41 下ったコルが「前剱の門」と呼ばれる場所。

ここからしばらくは安定した道です。


ここでもライライ♥と遭遇。 しばし和みます・・・

P1050967.jpg



登下降路ともに通る “ケルンのある広場” を過ぎて、

岩壁の左側を巻くように進みます。

IMGP4590.jpg



10:01 前方に岩峰が現れ、ルートが分かれています。

この岩峰が「平蔵の頭」(ヘイゾウノズコ)と呼ばれる所のようだ。

正面の鎖は下りのルート。

上りのルートは、基部を右へ向かっています。

P1050968.jpg



右に回り込んだ後は、岩峰へ10mほどの上り。

鉄杭を掴んでよじ登ります。

IMGP4591.jpg




次はスラブ状の岩場を25mほど下ります。

IMGP4592.jpg



下りきって平蔵谷側の岩棚をトラバース。

IMGP4593.jpg



10:14 「平蔵のコル」です。

いよいよこの先が、かの有名な「カニのタテバイ」です。

IMGP4595.jpg



TONOはこの辺で、かなりヘロヘロ。

頭が痛いし、気持ち悪いし、体調悪~って感じ。

まるで高山病!?みたいな状態です。

体調悪いとモチベーションが下がるな~↴↴



10:17 タテバイの基部に来ました。

IMGP4597.jpg



最初に見た印象は、思ったより高さがないかなぁ・・・

TONOが写真とか撮ってる間に、姫はサッサと上ってます。

IMGP4598.jpg

えっ!もうあんな所まで登ってる・・・(・・;)



体調悪く、気分が乗らないけど・・・さてTONOも上りますか。

ペンキマークに従い、最初は基部の左側から取り付きます。

鎖とピンに掴まり、右へトラバース。

その後は、ほぼ垂直に上ります。

タテバイ


雨で岩が滑るし、鎖も鉄杭も滑る滑る

慎重にスタンスを決めますが、

どこに足を置いても滑りそうな気がしてきます。



「もし足が滑ったら、とっさに手だけでは体重を支えきれないな・・・」

滑落が頭をよぎります

そしてその瞬間、足がズルッときました。

「オッと、危っぶね~」

思いっきり肝が冷えました


こうなると怖いです。

しかも気力が充実してない時って、余計に恐怖を感じます。

怖いと手足がこわばって上手く動かないし、

上手く動かないとさらに恐怖が増幅するし・・・

恐怖の悪循環です

そしてしばし思考能力停止。


ピンに足をのせて、鎖をつかんだまま、5秒ほど固まってました。

P1050975.jpg


すると上から姫の声が。

「大丈夫? そこの鎖の所に足をのせれば上がれるよ!」

「おっ、ここか・・・」

その一言でまた上り始めます。


その後は、一気に上部の岩棚の所まで上りきり、ホッと一息。

ここは今まで体験した恐怖スポットの中で 一番恐怖を感じた かも。 (〃゚д゚;


基本的に、TONOは高所恐怖症なんですよね。

一度恐怖を感じると、なかなか復活できません。

恐怖スポットをクリアするには、気力も必要不可欠だと痛感。


イケイケの時って、恐怖を感じないんですよね。

でもそれも逆に危険ではありますが・・・



10:24 タテバイを通過した後、尾根に向かいます。

IMGP4600.jpg



10:34 尾根を少し辿ると、ヨコバイとの分岐部に出ました。

ここがヨコバイか・・・

頭痛+吐き気+タテバイの恐怖にやられ、TONOはもう心が折れてます

岩に隠れるようにヨコバイを覗います| |д・) ソォーッ…

ヨコバイを覗く
                          (家政婦は見た! 状態のTONO ^^ゞ)


「あれが例の核心部か・・・」

・・・

「あそこで滑落事故があったのか・・・」

・・・

・・・


分岐を右へ進むと、左上に白い道標が見えてきました。

10:48 この道標を目指して稜線へ出ます。

IMGP4603.jpg
                     (全く判読不能で道標になっていない道標 (・・?)


早月尾根からの道と合流して、稜線上を頂上へ向かいます。

5分ほどで、真新しい祠のある山頂に着きました。

山頂には誰もいません。

10:54 とりあえず、記念撮影。

P1050980.jpg
                               (心の折れた黄色い人・・・)


その後、剣山荘をほぼ同時に出た単独行の男性と、

北方稜線の方からやってきた二人の男性が到着。


単独行の男性はタテバイを上り始めてヤバいと感じ、

途中で一度下りて、再度上ってきたと。

「久々に怖い思いをしました (;゚∇゚)/」 って言ってました。


そうだよね。

濡れてると怖いよね~

タテバイの途中は、カメラを出すどころじゃなかったし。

でも姫は全く怖くなかったって。 (・_・;

・・・

・・・


展望もないし、じっと座っていると体が冷えてきます。

10:10 さて下りますか。


 (恐怖再び !? ヨコバイを経て剣山荘 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 剱岳2009  Vol. 4  恐怖!雨のタテバイ

    こんばんは~

    凄い難関&恐怖コースなのですね。
    しかも雨ですか!写真を見ているだけでも怖いです。
    こんな難関コースでも、姫さんは平気なのですか?
    高い場所とか大丈夫なのかな~

  2. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんにちは
    今日は槍ヶ岳に来ています。
    姫は高い所が大好きなので危険な所に抵抗がないようです。
    あすも丸危印の場所を通過します。
    帰ったら報告しますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/98-613fd6bf
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。